« 私も行けた「MDRT」 | トップページ | 縁とは不思議なもの 2 »

2005年6月 1日 (水)

縁とは不思議なもの

FP社長です

今朝早くお電話をいただく。昨日、一昨日のお通夜・葬儀への参列のお礼と、故人となられたお父様を偲んで短い電話の間も、回想されていた。

余りにも突然の出来事。朝方具合が悪いからと救急車で運ばれているうちに心肺停止。心臓マッサージも役に立たなかったとのこと。74歳、まだ平均寿命までは…、残されたご遺族の心痛をお察しいたしますとともにご冥福をお祈りいたします。

彼女のお父様は、老舗の鰻屋さんを経営されて50年あまり。昨今の不況から客足は減ったとはいえ法人組織で2店舗を維持。自ら炭火で焼いて供されていて地元では有名なお店。

常連客も多く、毎日お店でお客さんと世間話をするのが健康の秘訣と病気知らずで過ごされていたり、取引先からもとても慕われていらしたとのこと。

彼女とのご縁は、私が以前10年近く携わっていたある教育関係のお仕事で最後の2年間くらいをご一緒だった。保険の見直しや年金の相談をだれにしたらよいかと…、探しているうちに私のHPを見つけ以前のご縁から、安心してお願いできるからと連絡を頂いたのが7年ぶりの再会のきっかけ。

ヒアリング、プランニング、プラン決定、申し込み…と、週末や退社後の時間を使い、かなり深いところまでの話を詰めていくこと3~4回。お子さんたちのこと、住宅ローン、生活費、ご高齢のご両親のこと、第2の人生へのリタイアメントプランの中に、素直な気持ちを組み込んでいった矢先のできごとだった。

人生いつ何があるかわからないもの。

これで彼女のライフプランにも変更が生じてくることに。。。

今朝の電話で、

父が終身保険に入ってくれていてよかった。事業の清算や受け継ぐにも本当に助かります。保険の大切さ、私たちも子供たちにも迷惑をかけないようにしなくては…と、いろいろ考えさせられました。と、おっしゃっていたのが印象的で保険を扱うものとして、うれしく思う一言でもありました。

保険がお役に立ってよかった!!

でもひとつ残念なことは、お父様の生前にうな重を食させていただけなかったこと。もっと早くお店に伺うことを考えたらよかったのに…。

人生は人と人との出逢いが織り成す綾模様

と、いう言葉を思い出す。

彼女との不思議なご縁での再会、お父様をご一緒に見送らせていただくことになったご縁を思った日に、この言葉をおっしゃった86歳になられるお料理の先生(私が娘時代、大変お世話になった方)からお手紙と、写真をいただく。

今夜は、このお手紙と写真とが、私にとって至福の境地となる。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

6月1日の今夜、このサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。

では、FP社長でした。(^。=)

« 私も行けた「MDRT」 | トップページ | 縁とは不思議なもの 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/735678

この記事へのトラックバック一覧です: 縁とは不思議なもの:

« 私も行けた「MDRT」 | トップページ | 縁とは不思議なもの 2 »