« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月27日 (木)

人の心とはやっかいなもの

FP社長です♪~

ちょっとブルーに始まった一日でした。

人の心とはなかなか自身の支配下におさまらないときがあるものです。私は通常、何かいやなこととか筋の通らないことがあっても「まっいいかっ」で気持ちを切り替えることが多く、あまり悩まない考えないでいることが多いのです。

私をよく知る周りからは、天然ボケで通っているほどですが・・・

ところが最近どうも心の切り替えが難しく思えることがたびたび。

「人の数ほど正義がある」のかもしれないが、相手にいやな思いをさせたようならそれが故意でなかったとしても、「ひとこと、いやな思いをさせたね。ごめんね」と言えないものかとつくづく思う。その一言が人間関係の潤滑油であり和みの心じゃないかなあ。

自分の非をきちんと認められない。これが一人だけではなくまた一人。フー・・・ 「ブルータスお前もか。。。」

そんなに意固地にならなくてもいいのに。
コミュニケーション力、誠意、心根、思いやり、素直、・・・なあ~んていつもは言っているのに。自分のことは見えないのかなあ。

(ひとりごと、ひとりごと・・・)こんなことが続くと「ひきこもり」になってしまいそう。

午後から私が大変お世話になっている女性の社長さんと、最近お知り合いになったさわやか税理士さんとのご対面の縁結び役に。紹介、出逢い、タイミングの大切さをあらためて感じる。双方に感謝して頂きお見合いは成立したもよう。(^^)

人間の心とは不思議なもので、価値観の共有できる人との関わりでとっても癒されるもの。傷付いた心のリメイクがちょっとできた午後でもありました。

帰宅後、事務所のPCにとても楽しみにしていたメールが届いていて、ニンマリ。明日からは「まっいいかっ」ではなく「ドンマイン」と上品に思うことにいたしましょう。

FP社長でした ~ ドンマイン ~

2005年10月24日 (月)

LOVE×2ご夫婦

FP社長です

ご無沙汰しておりました。今日は心が温かくなったとてもいい日でしたのでちょっとお話しますね~。8月中ごろから個人の方々のコンサルティングが相次いでいました。ご紹介を頂くことが多く嬉しい限りです。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。(^^)v

では、ご紹介します。

素敵なラブラブご夫婦にお会いいたしました。ご主人37歳、奥様35歳、お子さんは、サッカー少年の小学校4年生と幼稚園年長さんの真っ黒に日焼けした男の子がお二人。近い将来3人目に女の子が欲しいとお考えのご夫婦。もう20年以上も前の我が家と似たところがありとても親近感を持った部分でもありました。

今日で3回目の面談。

きっかけはお母様から、娘夫婦が保険の見直しで悩んでいるので相談にのってあげてほしいとのご依頼。

img10361357163伺うといつもおもてなし上手の彼女。ウェッジウッドのティーカップに香りのいいお紅茶をいれてくださったりおいしいと評判の気になるケーキを買ってきてくださったりする気持ちがとっても嬉しい。

本日は、ご要望のプランニングも出来上がり!

保険は診査という関門がありますが、それも無事に終了。お昼過ぎということもあり「お腹がすいているでしょう」とお彼岸でおはぎを作ったからと、手作りの「こしあんと黄な粉」のおはぎを振舞ってくださった。

あんこが嫌いなご主人には黄な粉を、ご長男へは、こしあんが好きだからとそれぞれの好みに合わせて。他にもおいしい肉まんが・・・とか自家製のぬかづけのお漬物に果物と、本当に次々タイミングよく供してくださった。

私も子供が小さいころには、春はぼたもち、秋はおはぎを黄な粉や、ごまの中には「かくしあん」を入れたりとか、手作りしてたころが思い出された。今時には珍しくお若いのに手作りされている彼女にとっても好感を持ち、なんだか嬉しい気持ちのいい日となりました。

「奥様お料理もお上手でしょう?ご主人お幸せね。」との会話にもまんざらでもなく照れながらも、うなずいていらっしゃる。夫婦円満はおいしい手料理から。これは彼女も同じ思いのようで手続きが終わった後も女性同士で会話がはずむはずむ。

彼が何か機嫌が悪いなあ~と、感じると「私はのんきであまり気にしていないからわからなくてもとにかく謝ってしまうんですよ~」と、ほほえましい。仲のよい秘訣がこんなところにも。

また結婚当初、目玉焼きには醤油をかけるだんな様、彼女はソース派だった。が、醤油がおいしかったので彼の好みに合わせているし、彼のお母さんが、お料理上手なのでその味を大切にされているという気持ち。(大切だなぁー、と(^.^))

3人目にぜひ女の子が欲しいと思うのは、自分の考え方や家のしきたり文化など、女の子でなければ伝承できないような気がすると考えているとのこと。同感、同感!!

私も娘を持つ母として、基礎的なお料理や生活への考え方はきちんと受け継いでいかなければ・・・と、改めて考える日となりお若い方に刺激を頂いた日ともなりました。<(_ _)>

幼稚園のお母さんたちの中でも「子育てを楽しいと思っている人」という質問に100名くらいの中で手を挙げたのは彼女と2~3人くらいだったのがびっくりと。

ご主人方のことも「かな~り悪く」言う奥様方に対して、彼女は「男の人は外で大変な思いをして仕事してきてくれているのだからもっと大事にしてあげなくてはだめじゃない!!」と言うんですよと。

夫婦円満には女性が賢くならないといけませんねえ・・・と語る彼女には「偉い!!さすがお母様のしつけの良さ」と感心し、年齢はひと回り以上も違いながらも同じような価値観の持ち主とのご縁に感謝した日となりました。

このご夫婦は、お二人とも子供のころにお父様を亡くしていらっしゃるという悲しい経験をされているので、ご主人様への気持ちは「とにかく健康でいて欲しいと心から思っているし、いつも不安を持っているのよ」と。

そして生命保険の大切さも感じていらっしゃるお二人。結婚してすぐの保険の見直し以来子供が2人出来ても10年間そのままでした。どうしていいか考えてはいたものの、なかなかきっかけがなかったが、本当に良いプランを考えていただき「ありがとうございます。長い付き合いをお願いいたします。」と喜んでいただき、この仕事をしていて善いご縁とありがとうの言葉を戴き「FP冥利、保険プランナー冥利につきる」瞬間でもあり本当に嬉しい一日となりました。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

今日も一日、このサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。

では、FP社長でした。(^。=)

2005年10月20日 (木)

娘の誕生日に

FP社長です 

ちょっとプライベートなことですが。今日は長女の21歳の誕生日です。美智子皇后様と半世紀違いのこの日に生を受けました。「美智子様と同じ誕生日なんてきっと幸せな星のもとに生まれた子だよ」と主人の母は喜んでくれました。健康で大病もなく,ここまでよく育ってくれたと感謝の思いで一杯ですね。

21年前の10月20日朝6時ごろ北海道は札幌でのこと。

その年の3月末に主人の転勤で芽生えた命とまだ幼い二人の兄とともに、転勤のため東京から札幌へ。

3番目の出産とはいえ、つわりの最中の引越しの準備や後片付けはそれなりに大変なもの。親元からも遠かったこともあり長男の幼稚園のお友達に手伝ってもらい、やっと東京を後に。

3月末とはいえ北国の春は遠く、当時の札幌の道路には雪の山、社宅の庭にも雪。。。

4月始めの長男の小学校の入学式の朝にも25センチくらいの雪が降ったのが今でも記憶に残っています。

初めての土地。身よりもなくわからないことばかりの慣れない生活。そんな中で周りの心配をよそに「一番いいときに生まれておいで」といつもお腹をさすりながら語りかけていたものでした。

予定日が近づいてもなかなか生まれる気配がないので、実家の母がしびれをきらして飛行機で札幌へ。

ナントそれから12時間後には、元気な産声が。ホントに一番よいタイミングでの出産。母の手伝いなくしては出産は難しい環境。あらためて母に感謝したものでした。
                              
3番目は絶対に女の子が欲しいと、計画出産。想定外は転勤があったこと。女の子が生まれたら、この名前と決めてもいました。

4歳前には逆上がりを、その冬にはスキー靴とスキーをはいてゲレンデに。
庭に設置した簡易鉄棒でくるくるクルクルと何十回も逆上がりを連続しては「むてむて!」と3番目ゆえにいつも自分をアピール。「み」の発音が「む」になってしまうのがまた可愛かったものです。

徒競走、100メートル走、リレーはいつもダントツの1位。運動会の華に。子供は、育っている間にいろいろな場面で親を楽しませてくれて親孝行をしながら成長しているように思います。今となってはいいことばかりが思い出されます。

今年は成人式も迎えだんだん大人の仲間入りに。親にとっては息子たちは頼りになりますが、娘はやはりほのぼのとしていいものです。

思春期の女の子は、父親との関係があまりよくない時期もあるようですが、我が家は「お父さん大好き!!」

夜中の0時とともにたくさんのお友達から携帯へ「ハッピーバースデー メール」家に来てくださったお友達も。今日と明日はお友達からのサプライズパーティーで主役が続くよう。感激するからハンカチ用意してきてねと。皆に愛されて育っているようで、母としてもうれしい限り。

1年余りあとには社会人となり、さまざまな経験をし素敵な恋愛もして心豊かな人間性を育みいつも心に夢を持っていて欲しいもの。

生まれてきてくれて「ありがとう」と思うとともに、娘自身も「生を受けたこと、ここまでに関わってくださった祖父母や先生、お友達等々に感謝する」そんな大切な日としてとらえてもらいたいと思う。

皇室では来月、紀宮様が嫁がれますが皇后様のお気持ちはいかばかりでしょうか。一緒の次元で考えては失礼かもしれませんが、我が家にもその日がきっと何年か後に。

まあ、私たちはもう一人息子ができたと思うのでしょうね。おいしいお料理を作ってあげましょう。

母娘で彼のハートと胃袋をぎゅっとつかみましょうね。

娘が生まれてからの21年間を走馬灯のように回想した日でした。

2005年10月 9日 (日)

人生に「壁」

FP社長です

私が毎月ハガキで、コミュニティを発信してる「Life Solution通信」を受け取られたお客様が、お芋掘りに行ってきたのでと、お福わけのお芋を事務所へ届けてくださいました。こういう心遣いって本当にうれしいですね。ありがとうございます。ハガキの内容は次のようなものです。ご紹介しますね。

Life Solution通信  2005.9月号

私が6月末に会議のため訪れた美しい町ニューオリンズではハリケーンの「カトリーナ」や「リナ」の襲撃を受けています。いつ災害に遭うかわからないと痛感しますね。

★☆★☆ 食と健康 ☆★☆★

「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と言われてきた「さつまいも」が美味しい季節になりました。アメリカ大陸の熱帯地域が原産だと言われています。コロンブスがアメリカ大陸を発見してから世界中に広まりましたが、現在世界の収穫量の70%がアジアとのこと。

日本には中国の福建をへて1605年に琉球に伝わりました。それを青木昆陽(カンショ先生)が1735年に薩摩藩から種芋を取り寄せて、小石川養生所に植え、さらに上総下総の国に栽植したのが、普及の始まりと言われています。「さつまいも」という語源もそのためでしょう。

多量に含まれる繊維質が整腸作用を促してくれますし、栄養学的に見ても100g中30mgという多量のビタミンCを初め、がん予防や老化防止に効果的だといわれる、ベータカロチンやビタミンEが含まれています。秋を迎えて、夏の紫外線で焼けた肌を整えるには、適したおやつのようですね。

最近、医療保険のお問い合わせやご紹介を頂いています。コマーシャルで見ていてもどれを選んでよいか…というご相談もあります。皆様も遠慮なくご連絡くださいね。

夏の疲れが出る季節、一層ご自愛ください。

Copyright 2005 All rights reserved By 川島 登美子

戴いたおいものお料理を考えていましたら、日本テレビの「おもいっきりテレビ」10月4日付で「サツマイモの新・健康効果と美味しさを高める食べ方」というテーマ見つけさっそく作ってみました。

サツマイモは、繊維質が豊富とはわかっていましたが、「肥る」=恐怖心があったのですが食べ方、調理の仕方でこんなに健康効果があったのですね。

1、ガン予防
2、肥満予防
3、美白効果
4、便秘。肩こり予防・改善

一番関心のある「肥満予防」効果があるという「サツマイモのタラモ」を作ってみました。

「星つ」☆☆☆!!とても美味しかったです。

サツマイモは甘くて苦手という男性の方にもおすすめです。食べやすいです。

コツはたまねぎのみじん切りは、ちょっと歯ごたえのある大きさのほうがおいしいと感じました。お子さんやたまねぎの嫌いな方は別かもしれせんが。。。

タラコで和えるのも美味しいのですが、明太子で和えるのもなかなか美味でした。サツマイモの新しい調理方法でこんなに健康効果があるというのは新発見でした。

こんな些細なことでもそうですが、もっと大切なことを知らないということは、人生に「壁」を作ることになると思いませんか?、、、

「壁」を作らないでよかったと連休中にコンサルティングさせていただいた、20歳台の方々の口をそろえての感想をご紹介します。

「保険ってこんな考え方をするんですね!!」
「こんな加入の仕方があったのですね。。。」
「みんなに知らせてあげたい!!」と、25歳女性。

「今回、保険の見直しをして頂いて本当に感謝しています!あのまま払い続けて歳をとっていったらと思うと末恐ろしいです。ありがとうございました。ご紹介者にも本当に感謝です。!!」と、28歳男性からのメールをいただきました。

保険は、1万円ならとか、安ければいいという保険料から考えて取りあえず入っておこう(入っておきなさいよと)と加入するものではないのです。

「いいかげん 目覚めなさい!!」と女王の教室(日テレ)の阿久津真矢先生(天海祐希さん役)のように言いたい気持ちで一杯です!

保険には、そう・・・パソコンや携帯電話のような便利さもなければ、ダイヤモンドのような輝きもありません。

でもその保険設計の中には、

「ご両親を思う息子さん」

     の、

「奥さんを思うご主人」

     の、

「子供を思うお父さん」

     の、

「思いの処方箋」が、しっかりと組み込まれるものなのです。

またご自身においては、第二の人生に対するリスクヘッジの対策をも組み込むことができます。今の年金制度では、ご自分の老後を看てくれるのは「若いときの自分自身」ですからね。

こーんな気持ちで毎日、私はご相談者の方々の「一人ひとり違う環境や価値観」を、お客様とひざ詰めで語り合い(お電話やインターネットでも心は一緒)、ライフプランニング・リスクプランニングとして設計しています。

そして価値ある賢い保険商品というお買い物のアドバイザーであり続けたいと思っています。(^^)v

サツマイモの新発見から「新しい保険の考え方」を思った日でした。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

今日も一日、このサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。

では、FP社長でした。(^。=)

2005年10月 8日 (土)

サプライズパーティー

FP社長です

よく考え・学ばせてもらえ、気付かせていただくサイトですよね。『AC公共広告機構のサイトでCM「乳がん年齢」』がご覧頂けます。このような活きた情報と知識はきちんと身につけておかなければなりません。

今夜は、とっても感激したサプライズパーティーをちょこっとご紹介しますね。

私の誕生日は1ヶ月余り前でした。そのとき食事にご招待いただいたのですが、あいにく東京を留守にしていたので実現しませんでした。

その食事会が今夜、実現。東京タワーが、こんなに大きくきれいに見えるところは初め てでした!!                                    
イタリア語で、Tokyoutawa022_3
ベナッリヴァート!」
ベナッリヴァート!」(ようこそ。いらっしゃいませ)と、飛び交っている活気のある店内。42階のイタリアンレストランの眺望は、すばらしいものでした。

360度までとはいきませんが、270度のパノラマ。東京タワーが!レインボーブリッッジが!お台場の観覧車が!そして汐留シティータワーが!!一望に。朝の雨があがり空気が澄んでいたことも幸いしたようです。

鯛に海ブドウにキャビをのせた前菜から始まり、うにがたっぷりのスパゲッティが大きなお皿にすこーし、種類をかえてパスタがもう一皿。フォアグラ等々おいしいお料理。コースの中に入っていないピッツァをアラカルトで注文。これがまた絶品なんです!

1005_thumb大きなお皿のドルチェ(デザート)の上に、花火がパチパチとバースデーろうそくの炎がユラユラゆれてテーブルに置かれたと思うと、「ハッピバースデー to  you」「ハッピバースデー to you」と3人のイタリアーノ風の男性が3人で唄いはじめたのです。それも英語で(笑)。
「コンプレアンノ」Buon ~!:誕生日おめでとう!と拍手。


1001_2_thumb何が始まったのか呆然・・・理解すると同時に目がウルウル感激感激!!ろうそくをフーと消すということも気がつかないでいるほど。

本当にびっくりな素敵な素敵なサプライズパーティーでした。(満面の笑みをご覧ください。)


青年実業家のT君。クリーニング業をはじめBARの経営(アルコールは全くダメなのに)横浜のワールドポーターズ内のお店などいろいろな職種に携わりながら、いろいろな企業のビジネスをサポートして、人に喜んでもらい人に接することが楽しみと思って仕事をしているとのこと。

失敗もあったが、そのひとつひとつが勉強になっていると振り返りながら、将来の「夢」を大いに語る姿は頼もしい。

ただ、全く気づかれていなかった「ライフリスク」の話をしてさし上げたときは、とっても真摯に受け止めてくださったところは素直で好感が持てたところでした。またぜひお話を聞きたいと言っていただいたことは、うれしいですね。

お若い方々の夢の実現を応援し、気づかないリスクヘッジのお手伝いができる私の仕事も、とってもやりがいのあるものですね。感謝!

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談ください。


Life Solution ご相談窓口はこちらです。 

それでは、10月に入りましたが、このサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。

では、FP社長でした。(^。=)

2005年10月 5日 (水)

『森の案内人』

FP社長です

私が毎月お届けしているFP社長メールに、お返事をくださった方が何人もいらっしゃいました。ありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。その中でお一人とてもすてきなメールをくださった方をご紹介いたします。

趣味の世界の「森の案内人」資格・森林インストラクターとして、自然体験活動における安全管理(リスク管理)に関して、今週末インタビューを受けることになっています。

森などの自然の中で、一般参加者を対象として、安全を確保しながら自然の素晴らしさと畏れを堪能してもらう訳です。事故等が起こるリスクと参加者の喜びを得るチャンスのバランスをどう最適化するかがポイントです。コトは森の案内に限らず、日常の生活、個人投資、災害、事業等まさに人生はリスク(危険、不確実)とともに生きていくことです。

そこで、
risukukanri人生と会社を幸福にするリスク管理』(原著タイトル:THE BOOK OF RISK)ダン・ボルゲ著、椿正春訳、主婦の友社、をお薦めします。なるほど私にもとても役に立ちそうな本ですね。青っちの『わ』の「amazon」の検索BOXサイトからさっそくオーダーをかけましょう。

自分がおかれている人生のライフプランの中の「ライフリスク」をきちんと把握し、リスクの移転(保険をかけるなど)をして「自分を守る・家族を守る」ということは、とっても大切なことですね。

本をご紹介くださったY.Tさんは、ファイナンシャルプランナーの資格も持っていらっしゃるので、まさに「人生の案内」と「森の案内」をいっしょにしていただけるようです。

週末の連休には、会社の取締役の肩書きを脱いで「森の案内人」に変身されるようですね。そのうちに私も一度案内していただきたいなぁーと思います。

※下記の情報は、メールアドレスをお知らせくださった方々に毎月お届けしているメールです。毎月メールをご希望のかたは、登録いただきましたらお届けいたします。Life Solution 「ご登録窓口はこちらです。」 

★☆★ FP社長 レポート ★☆★ ←ここをクリックしてレポートを読んでみてください。またこちらに戻ってきてくださいね。(^^)v

鈴虫の音が涼しげで耳に心地好い季節になりました。秋の夜長の連れにはテレビより書物、と洒落込みたいものです。お勧めの1冊を教えてください。

「今月の情報」
・エコロジーはエコノミー!? 2つの電車の「燃費度」
・取るなら芥川賞、三島由紀夫賞? ねらい目は地方の文学賞。
・外資続々。東京高級ホテル戦争
・東京モーターショーへ車の未来を見に行こう!
・目の健康とケアを考えよう
・海の記憶を砂漠で抱き続けてきた宝石、オパール

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談ください。

Life Solution ご相談窓口はこちらです。 

それでは、10月に入りましたが、このサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。

では、FP社長でした。(^。=)

人生と会社を幸福にするリスク管理
ダン・ボルゲ (著), 椿 正晴  価格: ¥1,890(税込)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »