« 端午の節句 | トップページ | 父と娘 »

2006年5月14日 (日)

母の日によせて

FP社長です~ 

今日は「母の日」ですね。母の日っていつから始まったのでしょうね。ちょっと調べてみました。

Tababig1 一説によると、1900年代のアメリカヴァージニア州が起源といわれています。

1905年5月9日、アンナ・ジャービスという人の母親が亡くなりました。やがて彼女は、「亡き母を追悼したい」という想いから、1908年5月10日、フィラデルフィアの教会で白いカーネーションを配りました。これがアメリカで初めて行われた母の日だそうです。

この風習がアメリカのほとんどの州に広まりました。そして1914年、その時のアメリカ大統領だったウィルソンが5月の第二日曜日を母の日と制定しました。

カーネーションが母の日に選ばれたのは、母への愛という象徴だったから。また、十字架に架けられたキリストに聖母マリが涙した後に咲いた花だといわれています。カーネーションの中央部の赤色は、キリストの体から散った血の色ともいわれているとのこと。

名前の由来としては、古代ギリシャ時代にさかのぼって、古代ギリシャ人は、オリンパス山の神々の主神ゼウスに花冠を捧げる習慣がありました。

カーネーションは、その時代、花冠を作るのに欠かせないものでした。そこで、花輪を意味するラテン語CORONAにちなんで      CARNATIONと名付けられたといいます。

そして、母の日の提唱者であるアンナ・ジャービスのお母さんがカーネーションが好きだったことも原因の一つとか。

子供たちが小さいころは、母の日といえど母である私が一番忙しかったような・・・そんな中でも「肩たたき券」とか、「お手伝い券」とかを作ってプレゼントしてもらった思い出があります。 有効期限は一日限りだったり。(笑)

カレーのCMで母の日に子供たちがカレーライスをお母さんに作ってあげているのがありますね。これだけ「母の日」がクローズアップされると子供たちが何もアクションを起こしてくれなかったらちょっとさびしいもの。

大丈夫でしたかそんな淋しい思いをしていませんか?また、お母さんにさせていませんか?一日遅れでも間に合いますよ (*′▽`)ノ

我が家では娘が、兄たちから(一人からは徴収できなかったといっていましたが)お金を集めプレゼントを11日の木曜日に手渡してくれました。私がびっくりしながら喜んでいる様子を長男も照れながら見てうれしそうでした。

金曜日から、愛媛の主人のもとへ娘が遊びに行く予定だったので早めに準備していてくれたようです。うれしいですね。

今日は、私にとって一番貴重な時間のプレゼントを。朝から誰にも邪魔されることなく私が取り組んでいることに使える至福の一日を過ごしました。かわいいペットの散歩もしなくていいように、ご主人様と一緒に愛媛へおでかけです。

家族に大いなる協力をしてもっらての今年の母の日は、思い出に残る年となるようにしたいと思っています。Kanesyon3r1

主人や私の母にもプレゼントをして、喜んでもらいました。そう、どん なに小さなことでも相手に喜んでもらいたい、喜ばせたいと思う気持ちが、大切なのではないかなぁ。素敵な母の日でありますように♪~

« 端午の節句 | トップページ | 父と娘 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/1797365

この記事へのトラックバック一覧です: 母の日によせて:

« 端午の節句 | トップページ | 父と娘 »