« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月22日 (木)

18編の「ありがとう」を遺して

FP社長です~ 

060610_41_1 18編の「ありがとう」のメッセージを遺して天国に召された、49歳になったばかりの絵門ゆう子さん。(今年4月3日没) 

最後のエッセイ集『ありがとう』(PHP研究所/本体1200円税別)が、6月9日から全国の書店に並んでいます。絵門さんのホームページに「絵門が生前『絵本のようにしたい』と、出来上がりを楽しみにしていたとおりの本となりました」とあります。

18篇の「ありがとう」には、全盲のイラストレーターの「エム ナマエ」060610_71 さんの思いのこもったイラストがつけられています。ページいっぱいのイラストが1枚ずつ、計18枚添えられているメルヘンタッチのエッセイ集。

エム ナマエさんは絵門さんのお顔をご覧になったことがないのにとっても似ているのです。不思議ですね。

昨年末、私がご縁を結ばせて戴いた方にお送りしています     『Life Solution2005年通信』に                  ☆☆自己責任で買う『命の株』☆☆と題して、絵門ゆう子さん(元NHKアナウンサー・池田裕子)の     「がんとゆっくり日記」・・・朝日新聞東京版「いのち」蘭掲載を取り上げました。

カウンセリングで「最も心配なことは?」という質問に、「経済のこと」と本音で答えが出るのは、かなり信頼関係が出来てから。お金のことは話しづらい。 でも、根幹を握る問題。

だから著書「がんと一緒にゆっくりと」には、怪しいものにまでお金をつぎ込んだ状況や心理について恥をしのんで書き、話題になったが、新聞に書くにはさらに勇気がいる。

58回目になるこの日記でも経済に触れるのは初めてである。がんになると多くの人が、自分の収入をどのくらい使って「自分の命という買い物」をするかというテーマに行き当たる。

つまり、「自分の命をつなぐ株」をどこまで買い支えるかということ。

「命がお金で買える」と患者同士で話すことはよくあるのだ。だから、その株の中身は、リスクもメリットも費用もよく知った上で、納得して自分の責任で買っていきたいもの。

「がん保険 入っていれば・・・は 後の祭り」
「ペイオフで 悩める人は 感謝して」
…2句上がりっと屈折した思いに浸ってないで、私もすがすがしく生きたいと思う。・・・・・・・一部抜粋                                                           

昨年は、私の周りでは「ガン」という言葉が飛び交いました。

それで、乳がんが全身に転移して抗がん剤の治療中であるにもかかわらず、5年近くもガンと戦いながら元気に講演活動や執筆活動に意欲的に取り組んでいらっしゃる「絵門ゆう子さん」のことを年末に皆さんにお知らせしました。

私はこの18編の「ありがとう」を読んで人の散り際は、こんなにも心が美しく昇華するものなのかしらと感じました。

ガンと宣告され戦っていくには、家族や周りのサポートが一番ですが、なかなか口に出していえないのが「お金のこと」であることを彼女は、言っておられましたね。

本日は、今年の4月に桜とともにゆっくりと美しく散っていった絵門ゆう子さんからのメッセージ「ありがとう」という本をご紹介しました。

そして心からご冥福をお祈りいたします。<(_ _)>

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=) 

2006年6月19日 (月)

パワー全開の一日

FP社長です~ 

前日の知的格闘技のせいで全身に気持ちよい痛みを感じながらも、とても爽やかに始まった一日。前日よりの打ち合わせでランチミーティング。楽しくおいしく戴きました。ご馳走様でした。

午後から中野サンプラザで、目黒先生の金融セミナー。1ヶ月以上前からの申し込みで満員状態。関心を持っている方が多いこと。歯切れのいい話し方の目黒先生の隠れファンの一人です。

夜は、6月はじめからお待ちいただいていた「保険の見直し」のお客様と。ご夫婦お揃いでいてくださりかなりディープな語り合い。

最後には「ありがとうございました」の言葉を戴きながら帰宅。途中携帯へ「二人で話が聞けてよかったです。ありがとうございました!運転気をつけてくださいね。本当に遅くまで・・・」と感謝のメールが届き温かい気持ちになりながらの帰り道でした。

ご主人のお仕事が忙しかったり、小さいお子さん二人いらっしゃるご家庭では、こちらの事務所へいらしてくださいというのは不可能。出張して差し上げることにより、実現する「見直し」なのです。お役に立てて私もうれしい (^^)v

ご自分がわかっていない、変にプライドと建前ばかりのちょっとあきれた長電話もありましたが、朝からパワー全開の一日をシンデレラとなった時刻に終わったのでした。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=)

2006年6月18日 (日)

人事を尽くして天命を待つ

FP社長です~ 

Wセミナーの成川学園長いわく「受験は知的格闘技だ!!」と。11日と18日に2時間ずつ4科目の試験を終えた翌日は、格闘技をしたことはありませんが、体中に痛みを感じるほど。

理論問題あり、計算問題ありの50問を時間と集中力との戦いで終えた試験でした。知るということは楽しい、しかし苦しいときもありそれを乗り越えたときの快感はまたいいもの。

結果はどうあれ自分をほめてあげてもいいくらい頑張ったと言えるのはうれしいこと。家族も周りの人たちにも励まされ協力をしてもらってのこと。本当に感謝、感謝なのです。

励ましのメールをくださった S.T君やKさん、T君、電話をしてきてくれたY君、本当にありがとう。いい結果を報告できると信じています。

そんなこんなで花の受験生をしていましたので、しばらくブログをお休みしていましたら、「ブログ更新していないようだけど、また海外?」とある社長からお電話いただきました。気にかけてくださりありがとうございます。 <(_ _)>

ご相談者の方々にもお待ちいただいていましたので、また明日からお仕事再開です。(*′▽`)ノ!! よろしくお願いいたします~

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=)

2006年6月 7日 (水)

母と娘

FP社長です~ 

ようやく爽やかな季節になってきたと思うと、日を追うごとに暑気相つのり、汗ばむような毎日ですが関東地方は梅雨入り間近の空模様ですね。

さて、お客様からお母さんとお嬢さんのほのぼのとした、素敵なメールを戴きました。

5月のレポートの中で、ご主人とお嬢さんの幸せな3日間を拝見しました。お二人のご様子を想像して、私も暖かい気持になりました。

実は、先月の母の日に娘が湯河原の温泉に1泊2日で連れて行ってくれました。働いて給料をもらい一人暮らしをして初めて「母さんの苦労がよく分かった」と言って全額負担してくれました。

毎年何らかのプレゼントはもらっていましたが、私のために時間とお金を使って付き合ってくれて感謝の気持を示してくれたのは初めてでした。そして、何よりも2日間の時間と場所を共有できたことが幸せでした。 

普段はなかなか会えない「父娘の3日間」も貴重な人生の1ページですね。

お互いに親孝行の娘「でしょ?!」・・・親バカと言われてもいいですよね!「バカ親」でなければ(笑)

ハイ!!自慢の娘ですよね。お互いに。 ヾ(〃^∇^)ノ

私も心が熱くなり、なんだかウルウル・・・して感動しちゃいました。

私が懇意にさせていただいている方々は、お母さんとお嬢さんの仲がとてもいい関係なんですねぇ。そりゃぁ、小さなモメゴトハはあるのかもしれませんが、でもお互いにとても思い合っている気持ちが素直に感じられます。いいですねぇ。

そして毎日がとても充実して過ぎていきます。関わってくださっているすべての方々に感謝です。心から感謝しながら今日も一日終わろうとしています。

また、最近ご紹介が多くなってきてうれしい限りです。この場を借りて御礼申し上げます。そして感謝!!

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=) 

2006年6月 1日 (木)

「こども保険」を考える

FP社長です~ 

本日より『水無月』(みなづき)、6月です。この水無月というのは、 陰暦で5月のこと。漢字では「水の無い月」と書きますが、水が無いというわけではなく「無」は「の」にあたる連帯助詞の「な」であって「水の月」という意味だそうです。

また公務員や学生の方々の制服の「衣替え」、会社ではビジネスカジュアルデーを取り入れている所も多いようです。ようやく夏を感じる気候になってきました。

最近、相次いで「こども保険」についてのお問い合わせがありました。6月は第3週まで予定が詰まっている状態ですが、懇意にしていただいている会社の専務婦人からのご依頼があり、急遽ご相談をお受けしました。

こども保険、または学資保険は大変ポピュラーな保険ですね。「子供が生まれたら(こども保険に)入るのがあたりまえ」という親心だけが一人歩きしていませんか?

何のために入るのかよく理解していない方が多いように思えました。このようなご相談者のために、FPとしてちょっとアドバイスさせていただきます。

まず目的を明確にしましょう。                     

① こどもの将来の学資を積み立てるため ?                                  

② お父さん(お母さん)が万一のときに育英年金が保障になる?                     

③ こどもの死亡保障や医療保障のため?                                      

一般的に、①の高校や大学進学のときの学費を積み立てるためという方が多いようですが、それでしたら、現在のこども保険は大半が元本割れになっています。

現在販売されているこども保険の大半は、払込保険料総額より受取金総額が少ない“元本割れ”の状態になっています。

育英年金(契約者である親が死亡した場合に、その年から満期まで子どもに支払われる年金)やこどもの入院保障が付いているものであれば当然でしょうが、特約を一切付けていない学資保険でさえも元本割れするものもあるようです。

超低金利時代なので仕方がないことでしょうが、現時点において、貯蓄商品として確実に機能しているといえるのは、S生命の「学資保険」だけなのではないでしょうか。

S生命の「学資保険」が元本割れをしていないのは、保障部分をぎりぎりまで削ぎ落としているからです。こどもの医療保障などの特約は一切付いていませんし、子ども自身が死亡した場合にはそれまでに払い込んだ保険料相当額が死亡保険金として支払われるだけです。

カンポの学資保険も他のこども保険に比べると貯蓄性はあるほうですが、6歳以上で死亡した場合は満期保険金と同額の死亡保険金が支払われ(3歳未満の死亡は保険金の50%、3歳以上6歳未満の死亡は80%の死亡保険金が支払われる)、かつ、有配当であることから、S生命の学資保険に比べると保険料が割高になっています。

このように貯蓄性が低くなってしまった「こども保険・学資保険」です。しかし契約者である親がなくなった場合に以降の保険料が免除になり、保障が継続できたり、育英年金が支給されるのはメリットといえるのかもしれません。

しかし育英年金の額はわずかなことが多いので、それであれば親を被保険者とした生命保険の死亡保障をきちんと準備しておくことが望ましいでしょう。

子供の誕生と成長を祝ってどうしても「こども保険」を考えたいという親心は理解できますが、保険料の払込総額と満期保険金などの給付金受取総額を計算した上で加入することをおすすめいたします。

また、学資保険という名前の保険でなくとも、保険で学資の準備ができるプランニングもできます。それはプランナーの腕の見せ所というものですね。また保険以外の金融商品を使うこともできます。

話は変わりますが少子化が懸念されていますが、私のお客様の中ではパパ・ママになられる方が今年は多いですね。

先日テレビ放映された、水野真紀主演の「贅沢(ぜいたく)なお産」はいい題材でした。

妊娠・出産の最新情報とドキュメンタリー映像を交えたこのドラマのように普通の生活の中で、妊娠・出産・育児を夫婦で受け止め、二人で楽しんで乗り切っていってもらいたいものです。「案ずるより生むが易し」とはよく言ったものです。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=) 

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »