« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

UDON

FP社長です~

「あなたにとっての ソウルフードは何ですか?」

おにぎり?味噌汁?カレーライス?ラーメン?……
誰もがひとつ持っている、お腹も心も満たされる食べ物=Tamatoro_0025_2ソウル・フード。
主人公はそんな「ソウル・フード=UDON」と出会いました。

この映画を見た後は、ず~と以前から私の「ソウルフード=うどん」と思えてしまう。そしてうどん屋さんへ足が向いてしまいました。(笑)

香川の小さなうどん屋に生まれた香助(ユースケ・サンタマリア)。

コメディアンになる夢のため、父親と喧嘩したあげく「ここには夢なんかねぇ、ただうどんがあるだけだ!」との捨てゼリフを残して故郷を飛び出したが、笑いの世界は厳しく、出戻るハメに。

頑固な父親は息子と口をきこうともしない。ある日、タウン情報誌に勤める恭子(小西真奈美)と山中で道に迷い、山奥の一軒の民家に辿りつく。

ドアを開けるとおばちゃんが「熱々? 冷や冷や?」。そこはこの上なくうまい1杯の”恐るべきさぬきうどん屋”だったのです。以来、香助は地元紙にうどん巡礼のコラムを書き出す…。

頑固な父親の営む「松井製麺所」もタウン誌に紹介されました。

三日間ほったらかしたゲソ揚げを しょう油で煮詰めたかのような親父が名物。機嫌が悪いときは追い出されるので要注意と。(笑)

記事は話題となり、いつしか日本全体を巻き込んだうどんブームが到来する。さぬきうどんの聖地、香川県に日本中からUDONを食べに人々が押しかけてくる。ブームはお祭り。いつかは終わりが・・・

うどんは、温かくて、白くて、長くて、柔らかくて、芯が強い不思議な食べ物。おなかに入ると本当にあったかくておいしくて幸せな気分になります。

香助のお姉さん役の鈴木京香さんが「日本のお姉さん」って感じをみごとに醸し出していました。「うどん」と共通するところもあるような気がしました。

Sanuki_0022_2 地元の方に聞きました。MYどんぶりに、MYお箸を持ってうどんを食べに行くそうです。うそのようなホントの話。東京の学校へ行っていた大学生のお子さんたちが帰ってくると、朝・昼・夜と3食うどん。それが3日間くらい続くということです。まさにソウルフード。

香川県の人口は約100万人。うどんやさんが900軒。東京都の人口は約1200万人。マクドナルドが500軒だそうです。うどんやさんがいかに浸透しているか納得できましたね。

ちょうど四国に仕事で来ていますときに、映画『UDON』が公開されていましたので見てきました。とにかく面白い。そして鑑賞後は「さぬきうどん」のお店に飛び込んでいました。(笑)

釜玉うどんおすすめです。釜揚げしたうどんを生卵でからめ、生醤油をかけねぎをたっぷりのせるだけ。これが絶品。Kamatama_0023_2

母親として我が家のソウルフードを子供たちに伝承しておかなければ・・・という違った一面も考えましたね。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=) 

2006年8月27日 (日)

「絆、その2」

FP社長です~ 

昨夜から始まっている24時間テレビ。

テレビドラマスペシャル「ユウキ」のラストシーン。亀梨和也扮するユウキが遺した言葉。

一年の価値を理解するには、落第した学生に聞いてみましょう。

一ヶ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみましょう。

一週間の価値を理解するには、週間新聞の編集者に聞いてみると良いでしょう。

一時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみると良いでしょう。

一分の価値を理解するには、電車にちょうど乗り過ごした人に聞いてみると良いでしょう。

一秒の価値を理解するには、たった今事故を避けることができた人に聞いてみると良いでしょう。

十分の一秒の価値を理解するためには、オリンピックの100メートル走で銀メダルに終わってしまった人に聞いてみると良いでしょう。

たくさんの友達、家族との絆に支えられ、どんなにもっともっと生きたかったことでしょう。生きている私たちへのメッセージですね。

時計の針は走り続けています。あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。今日という日の最大限の贈り物にしましょう。

心の琴線に感じる言葉でした。

0262612100001  このドラマは、2001年12月に23歳の若さでこの世を去った三田雄基さんの半生を描いた『ユウキ 世界で8番目のたたかいに勝った男の物語』(岸川悦子作 ポプラ社刊)を元に制作されました。

本日は朝からこの分野では四国一の企業の会社の奥様とブランチBlt1 をご一緒させていただく。東京のようにおしゃれなお店はなくてね・・・と連れて行っていただいたベーグルサンドのブランチを売りにしているCafe.

午後一番で予定が入っている中、朝9時半に迎えに来てくださり2時間半のおしゃべりTime。近況から始まり人間関係や子育て論、人間の真理のこと、果ては靖国問題に北方領土のことまで。話す話す~。

日ごろは、従業員180名の束ね役と社長を支えていらっしゃるキャリアウーマン。4人の子育ても終わり昨年お孫さんが。私より2歳くらいお若いのに人生経験は、はるかに上だと思います。敬服です。

「極楽言葉」と「地獄言葉」はキーワードの一つ。また、人は自分ができることを与えられるもの。必ずできると思ってやり続けることが成功のポイント~と女性二人が話す内容としては不思議な「絆」を感じながらのひととき。

水曜日の夜にご自宅へのお誘いを頂き、喜んでお受けする。とても刺激を受けた良い日となりました。

そうそう、アンガールズの二人は期待に反して?100キロを走りぬきましたね。見た目ではないということかな。2人を支えるスタッフとの「絆」、ファンやお互いの「絆」が大きかった部分なのでしょうね。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=) 

2006年8月26日 (土)

「絆」

FP社長です~ 

Cu20060823b1 今年も24時間テレビが始まりました。恒例のチャリティマラソンランナーにアンガールズが挑戦。「史上最弱ランナー」と言われていますが果たして期待を裏切り?みごとゴールなるのでしょうか。。。

今回は番組テーマの「絆」にちなみ、アンガールズは二人一緒にスタートをきり、武道館まで100キロを目指す。

今年のテーマの「キズナ」について。「絆」とはお金で買えない「信頼」。心と心の繋がり・・・どんな絆を思いますか?

私たちはさまざまな人との繋がりによって生きています。
親子のキズナ、友とのキズナ、夫婦のキズナ、師弟のキズナ、お客様とのキズナ、仕事のパートナーとしてのキズナ・・・

生まれ持った必然的な絆から、ふとした偶然の出会いから深くなったかけがえのない絆など、その形はさまざま。

人生は人と人との「綾模様」。そう、さまざまな「絆」を紡いでいくことにより人生が膨らんでいくのではないでしょうか?人生の紡ぎ方もいろいろ。薄かったり、絡まったり、ボロボロだったり、紆余曲折があり美しく強い絆を紡ぐことができるのではないかしら。

絆とはもともと牛や馬を逃れられないようにしばっておく、絆し(ほだし)という言葉が語源だそうです。「絆~キズナ~」とはそれくらい強いつながりのことなんですね。
逃れようにも逃げられない強固な関係というのがもともとの意味とのこと。

KAT-TUNの田中聖クンと200万人に1人というFOPという難病少年との絆

全身の筋肉が骨になってしまうFOPという難病と闘う小学生の男の子。少しでも動けるうちに、やってみたい事にどんどんチャレンジしたい。そんな前向きなショウヤ君と、見守る家族の絆を田中聖クンがリポート。

「夢の水泳5メートルに挑戦」だったのが、思うように動かない身体をものともせず必死に挑戦した結果15メートル達成。ビート版なしでも10メートルも達成。

平原綾香と2本指の少女が奇跡のピアノコラボで   Jupiterを!

2本指のピアニスト。韓国人のイ・ヒアさんは、生まれつき両手に2本ずつ計4本しか指がないという先天性四肢障害。幼少時代からピアノを始め、1日10時間にも及ぶ練習の結果、今では難しいクラシックも弾けるようになった。母と子はピアノを通じて強い絆を築いたのです。

そんな彼女が大ファンである平原綾香と、名曲『Jupiter』のコラボレーションに挑戦!奇跡の天才ピアニストとトップアーティスト、そして史上初となる国境をまたいだ夢の共演が実現する。

「Everyday I listen to My Heart ひとりじゃない・・・深い胸の奥でつながっている~」

番組のスタートから、さまざまな絆のアピール。それも普段はあまり知ることがないような難病と戦っている方々と家族の絆のリポート。

私の仕事柄もあり瞳がウルウル・・・の連続。
健康が当たり前という前提で過ごしている日常。「自分は、病気をしない。事故にも合わない。死ぬこともない。」そんな幻想のようなことを考えている人が多いこと。かく言う私も・・・
リスクときちんと向き合った保障のプランニングをしなければと、改めて感じながらの今年の24時間テレビの始まりでした。

この機会に「絆」についてじっくり夫婦で、親子で、身近な人と考えてみる2日間とするのもよいのではないでしょうか。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=)

2006年8月11日 (金)

故郷は遠きにありて想うもの

FP社長です~ 

ペットボトルのお茶やスポーツドリンクはもちろん、シャンプーやローションまで持ち込み禁止。日ごろ使っているクリームやジェルの化粧品までダメ。没収か捨てるかその前にスーツケースに詰め替えるか。。。

成田空港からアメリカへ向かう飛行機は大混乱。英国で摘発された航空機への爆破テロ計画で各国の空港に衝撃が走った日。

日中の時間をできる限り有効に使えるように、富山での仕事他のためまたまた早朝から高速道路を西へ向かう。

前方には西の空高くまんまるのお月様が、サイドミラーには明け行く朝日が雲の隙間から赤く差し始める東の空が映り、なんとも美しい情景を楽しみながら。

私が生まれ育った富山は、その昔、日本のチベットのような所。東京からも大阪からもアクセスが悪い。今も新幹線が通っていないから、冬は飛行機。それ以外は車での移動となることが多い。

高速を降りていつもと違う道を通ったところ、母校「富山高校」の前を通る。Nec_0009_2
なつかしくて思わず車を降りて歴史のある校門で写真とる。卒業当時とあまり変わっていないようにも思える。その後、金沢での生活、東京、札幌、東京と転勤による引越しの伴う人生。

あれから30年あまりが過ぎてまさしく「故郷は遠きにありて想うもの」ということが実感することになっている。

Nec_0013_2富山といえば「配置薬」の「富山のくすりやさん」で有名。産官学連携で初めて開発された富山オリジナルブランド医薬品!…和漢生薬製剤『パナワン』

富山県薬業連合会、旧富山医科薬科大学(現富山大学)、富山県の産官学連携で初めて開発した配置用医薬品『パナワン』が1月13日に発売されたとのこと。

『パナワン』は滋養強壮効果のあるニンジンを主薬とし、これにニンジンの効果を高めるエンゴサク、コウボク、ジャショウシ、オキソアミジン、ゴオウ、トウキ、シャクヤク、センキュウ、ケイヒ、オウギの11種類の生薬を配合した、虚弱体質・胃腸虚弱・冷え性などの方にお勧めする滋養強壮保健薬。

現代病といわれるストレスや高齢化に対応した、これまではあまりなかった薬効を目ざした点が特徴。

富山の和漢薬の研究者、配置薬メーカー経営者らが産官学連携で未来を探る会合が開かれた。

配置の現場の生の声をもっと聞くことが「富山のくすりやさん」が得意先と親しく交わす会話の中に次へのヒントがある。

斉木教授は「富山には薬への知識や商魂という他県にない下地がある」と。「顧客との信頼関係を土台にした、配置の特徴が生きるニーズはきっとあります」と製薬開発研究を担当する鹿野教授。

どの分野も共通して言えることは、顧客の志向。顧客の考え方を信頼関係においてキャッチしていくことが重要なんですね。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=)

2006年8月10日 (木)

「少子化にストップ?ドリーム・ハウス」

Dsc00630_2_3 FP社長です~ ♪

本日も朝から 新潟のドリームハウスへ。皆さんに温かく迎えていただく。ず~と前から知り合っているような雰囲気の場所なんです。ドリームハウスは。

昨夜遅くに 3人目の新しい命の芽生えをメールで知らせてくださったToukoさん。
4歳のご長男、2歳の可愛いお嬢さんの子育ての日々。ドリーム・ハウスという場所があってドリーム・ハウスにかかわることで3人目を出産することに不安がないんです。とっても幸せそうに語ってくれているToukoさん。
子育てが楽しい。こんな可愛い赤ちゃんの子育てをまたできると思うとうれしい・・・と。

ご主人のご両親と同居しているから、お母さんに子どもを看てもらえるから安心して出産も考えることができる・・・と。少子化ストップと言えそうで心強い(^^)

でも3人目にかかる出費を考えるとちょっと・・・。「大丈夫!私も3人の子育てをしたけど、なんとかなるものなのよ。特にToukoさんのようにきちっと家計管理されていればね」「これからまた、一緒に考えようね」と話す。出産までの検診にかかる費用や、出産費用が、無料になるといいのにねなどということも一番望みたいところ。

少子高齢化であわてている政府の対策は後手後手になっているように思えますが、もっともっと子育てを楽しく、安心にできる社会が早く実現するように積極的に取り組んでもらいたいもの。
そう、こんなにたくさんの母と子に必要とされているドリーム・ハウスのような場所が、助成金や寄付金を募りながら個人が綱渡りのように運営しなければならない現状があるわけですからね。

昨年、大学生のときボランティアで「ドリーム・ハウス」で保育士の教育実習をしていたという「さとるくん」。4がつから新潟東地区の保育園で保育士さんとして勤務されるようになったとのこと。お兄さん先生で年長さんの副担任、幼稚園バスの運転手さんをするために大型免許も取得されたとのこと。

「僕、とっても人気者なんです。自分で言うのも何ですが・・・」と照れながらも自信と意欲がみなぎっている様子が、代表の新保まり子さんにはどんなにうれしいことだったことでしょう。

朝から何組もの親子が楽しそうに遊びながら過ごし、小さい子はお昼寝もして「またね~」「ありがとう~」と帰っていかれる様子が、とてもほほえましい光景でした。

夕方からは、前回からご縁が結ばれたKoutaくんママの所へ伺う。一戸建ての注文住宅のセンスのいい素敵なお住まい。住宅ローン金利の上昇にともない「家計の見直し」を実施。

一年間に○○万円の繰り上げ返済計画に成功!!別口座で管理して繰上げ返済を実施していけば2年半後に金利がアップしていても毎月の返済額は、それほど心配いらないことに早く気がついていただきました。「保険の見直し」のプランニングのおかげですね。

「保険というのは、特約がたくさんついたものしかないと思っていました。医療保険と死亡保障の保険を別々に加入することができてよかったです。」

「保険料を下げてほしいと依頼したら、子どもがいるにもかかわらず保障が1000万円以下に下がってしまっていたなんて知らなかったんです。」「こういうことは本当はきちんと考えなければいけないのに、触れるのがこわかったのかもしれません」

保険本来の役割である保障をきちんとプランニングして、なおかつ今回は保険料の大幅コストダウンに成功。「本当によかったです。ありがとうございます」と喜んでいただき、東京から伺ったかいがあったというもの。

日が長い季節とはいえうす暗くなりかけたころ帰宅。新潟への出張の折は、主人の実家の両親のもとでお世話になっています。

地元の新鮮な海鮮でお夕飯を作っていただき、「おいしい!!」身体に染入るようなおいしさ。76歳の主人の母に感謝です。今回は、お盆のお墓参りの時期ということもあり、車で早朝より同行していた長男と一緒に「おいしいね。」と。

いつも言っているのですが「上げ膳据え膳で本当にありがとうございます」感謝!感謝!
明日は早朝よりひとりで私の故郷である富山へ移動です。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=) 

2006年8月 4日 (金)

不撓不屈

FP社長です~ 

久しぶりに映画をみてきました。「ゲド戦記」とか「日本沈没」も見たかったのですが
「不撓不屈」を見てきました。 何それ?・・・と思う人もいるかもしれませんね。

「ふとうふくつ」と言う言葉は、最近では余り使われなくなった単語でし410130322309_pe00_ou09_scmzzzzzzz_1 ょうか。
「不撓不屈の精神で頑張ります」と言うように、どんな困難に遭ってもひるまずに頑張ること・・・イマドキの若者にはダサイと言われるような言葉かもしれません。

しかし、日本人にこんなにすばらしい人が最近までいらっしゃったんだという感慨がありましたね。

この映画の原作は、ベストセラーとなった経済小説の旗手、高杉良氏の『不撓不屈』(新潮社)です。主演を務めるのは、NHK大河ドラマ「徳川家康」等でおなじみの滝田栄氏。

一税理士と国税庁が日本経済史上、希有の死闘を繰り広げた「飯塚事件」の実話に基づいています。「飯塚事件」は国家権力と一税理士との前代未聞の闘争劇となりました。故飯塚税理士は、国家権力に屈することなく、信じ難いような不撓不屈の精神で闘いぬき、ついに完全勝利するに至ったというものです。

国家権力との戦いを描いただけではなく、国家愛、人間愛、家族愛の大切さを問いかけている映画だと感じました。

国税当局が、関与法人への執拗なまでの税務調査や追及で弾圧し飯塚税理士をおとしめようとした原因は、「別段賞与」を決算時に損金勘定で未払金として計上して会社が従業員から利息を払って借入れる形をとり、運転資金として運用する。

この節税指南を脱税幇助と言って逮捕しようとする国税局と真っ向から戦ったというものです。

ノイローゼになることもなく、途中で投げ出すこともなく、正面から戦いぬいた飯塚氏の有り様を「不撓不屈」と称したようです。

その「不撓不屈」の精神や飯塚税理士の人格形成に影響を与えたのは、坐禅の力、植木義雄老師との交流、それから、貧しい環境の中で強く温かく育て上げられた、ご両親との関係なんでしょうね。

お父さんは「弱いお前の体を鍛え直さなければならない」と、毎朝4時に起床して一緒に山野や川岸を歩いたり、お父さんの職業の布団やを継ぐように言われたとき、お母さんからは「私が三度の食事を二度に切り詰めるから上の学校へ行かせてやりたい」と、僅かなお金を貯めて仕送りをしてもらったことなどですね。

彼はもともと優秀だったのでしょうが、本当によく勉強されたようです。私たち現代の大人や子供たちが見失っている手本のひとつがここにあるように思いました。

「税は1円たりとも納めたりなくてもいけない。1円たりとも納めすぎることもない」という信念が根幹にあり、中小企業の味方である飯塚税理士。

今の時代は簿記とコンピュータは切っても切れない関係となっていますが、この小説のモデルの飯塚毅氏はいち早くコンピュータを導入したTKCの創立者です。

また税理士法改正案の成立を阻む要因となり、税理士法の第1条に「中立」ではなく「独立性」の文言を入れることに尽力されたそうです。

裁判で無罪判決を勝ち取ったときに、ご主人をねぎらうために、奥さんのるな子さんが、薔薇の棘を抜いて冠をつくって、かぶせてあげるというあの「薔薇の冠」のシーンは、「ホント?素敵!!」というくらいの出来事ですね。夫婦愛の素晴らしさをえがいていますね。

るな子役の松坂慶子さんが、知的でしとやかながら(死語になっているような言葉ですが)、凛々しく夫を支える役を演じている。妻として女性として見習うべきものがあると感じるところがあり、世の女性は一見の価値があると思います。

また、ラストシーンである滝田 栄氏のドイツ語による講演のスピーチシーンがすばらしい。ニーチェの「人間的、余りに人間的」(Menschliches, Allzumenschliches, 1878)の中で彼が論じている人間の偉大さの定義の一つ「偉大とは人々に方向を与えることだ」など・・・たくさん哲学の引用をドイツ語で完璧なまでのスピーチをされている。

ドイツでの講演のシーンは、すごく集中が必要で、がさがさしていたら演じられない。それで、中西健二助監督が「静かに語るから、真剣に聞いてほしい」とドイツのエキストラ数百人にドイツ語で伝えてくれました。それで撮影が始まると、皆さんが心して聞いてくれているのがよくわかった。台詞が終わったときに、大半の方が涙を流して拍手して、スタンディングオーベーションです。とラジオで語っていらした。

私はそれを聞いたことが「不撓不屈」の映画を見てみたいと思ったきっかけでした。

「不撓不屈」は高杉 良氏の資料調べと熱意の賜物というべき作品なのでしょう。「不撓不屈=国家権力に抗した男」取材のため、高杉良氏はドイツ・ニュルンベルグへ飛んでいます。
小説の主人公である、大蔵省、検察に戦いを挑んだ男--飯塚毅

そのルーツを探るため、飯塚氏と親交が深いドイツ人経営者にもインタビューを敢行しています。国会議員等も実名で出てくるのが面白い。

飯塚税理士が存在して、高杉氏によりこの偉大な「不撓不屈」の小説が生まれ、そして映画を見ることができました。
何かすがすがしさを感じた日となりました。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=) 

2006年8月 1日 (火)

ソニー生命の1Pキャッシュレス制度

FP社長です~ 

本日から葉月8月です。統計的には、7月下旬から8月上旬にかけて最高気温を記録するそうですが、東京は涼しい朝を迎えています。
しのぎやすくて助かりますが、作物への影響を考えると自然の暑さは大切なのでしょうね。夏の暑さを趣に変えて精一杯風情を味わえたらと思います。

長期出張の疲れもなんのその、朝からソニー生命の新制度の手続き内容をマンツーマンで教わる。なるほどこれはいい制度ですね。

ソニー生命の『業界初!』となる『生命保険の初回保険料を支払う前に保障が開始される』手続きについて

日常生活のおいて、利便性や安全性の観点からさまざまな場面での決済の多様化・キャッシュレス化が急速に進んでいますね。そんな中、ソニー生命では お客さまの利便性を考え、                      

『生命保険のご契約手続き時に、初回保険料の決済を不要とし 申し込みの受付と健康状態の告知の受領で保障を開始する』 取り扱いを実現することになりました。業界初となります。

<メリット>

① 初回保険料の払い込みを、口座振替によるキャッシュレスで保険料をお払い込みいただけるようになります。

② 契約時に、現金を準備する手間やクレジットカードなどを読み取る煩わしさ、現金を準備したり振り込んだりする間の保障開始が遅れるという事態(無保険期間)を回避することができます。

③ ソニー生命にとっても 現金授受による領収書や現金管理の負担がなくなり契約事務の合理化が見込まれる。

加入者にとっては、とても良い制度だと思われます。さすがソニー生命ですね。

遅いランチミーティングを、K君と。ビジネスモデル案が飛び出したり、彼の論理的思考は面白い!!

   読売・日本文化センターの7月のマネー講座 

「ファイナンシャル・プランナーの基礎知識と受験」~「お金」の勉強はまずこの資格から!~

夕方より、3級技能士試験にも対応する読売文化センターの講座へ出席。10月からの講座で生命保険と損害保険の講師をさせていただくお話が出ているので、内容の把握のため。

10数名の方々がお仕事の帰りなどに真剣に勉強されていました。「試験を受ける受けないということ以上に、生活するのに役に立っている」とおっしゃる50歳代前半の奥様。

終了後も講師に真剣に質問される方あり。

少しずつ生活者の意識が変化してきている・・・と感じましたね。もっともっとお役に立つように、私たちFPができることを広げていきたいと心新たにしながら夜の環七を安全運転で10時過ぎに帰宅。(^^)v

夏休みに入ったばかりに、プールでの痛ましい事故。ご両親の悲痛・心痛はいかばかりかと・・・2年前にも同じ事故がありましたよね。何故?また・・・。心からのご冥福をお祈り申し上げます。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »