« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

入管手続きの依頼も

FP社長です~ 

午後一番からFPの「医療制度改正」とプレゼンの勉強会に出席。

ワセダセミナー「FP実務修習生」は現在6期生が勉強中です。先輩の5期生と一緒にセミナーや勉強会も花盛り。よい刺激と気づきが得られて人脈も広がり出席の価値は十分感じられました。

夕方より行政書士と待ち合わせ。ご紹介による入国管理関係専門の行政書士の先生。お若いのにとっても人間味があってよい方でした。

永住ビザを取得したいのでどなたかご紹介してください~とこんなご相談までいただきました。では・・・とI社労・行政書士に連絡。

僕は専門ではないので、専門の先生をご紹介します・・・とすぐに対処くださってありがとうございます。

ご相談者も急を要していたこともあり、90度のお礼を何回も何回も繰り返し感謝してくださり喜んでいただきました。うれしい瞬間ですね。明日は朝一の飛行機で出かけるのに夜遅くまでのご相談でしたが、こんなに喜んでいただけるのは仕事のやりがいがあるというもの。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

2006年9月29日 (金)

もらい忘れの入院給付金ありませんか?

FP社長です~ 

本日のご相談者は、ご主人様が1年半近く入院されているKさん。

国内生命保険会社にご加入で、加入時はお義母様が仕切られていたので加入内容は最近ようやくわかったとのこと。

入院費も負担。なのに10年目の更新で10万円以上の保険料になるがさてどうしたものかというご相談。ご主人様63歳。お嬢様は社会人。資産もアパートなどの不動産収入もあり、ご本人も今までずっと働いていらして、もうすぐ60歳の定年を迎えられる予定。

加入内容は、200万円の終身に2800万円の定期保険と3000円/日の入院給付金が特約で付いているシンプルな定期付き終身保険です。10年前に転換されていて、転換価格が掛け捨て部分に注入されていたこともあり今までの保険料が実に安くなっていました。が「今にして思えば入院給付金をもっとつけていて欲しかった」とのこと。

更新で10万円の保険料は、ちょっと払っていけないとのこと。ご主人が入院されていることもありどうしたらよいかとても困惑してのご相談。大変ですよねぇ。

そう、こんなときにこそ私たちFPにご相談くださって正解でした!!

まず1年半も入院されていて受け取った入院給付金は36万円のみとのこと。担当者はとっくに辞めてしまっているそうで、ご自分で申請をして120日分の給付金が支給されて、それでおしまいと思っていらしたとのこと。

違うんですね~。現在もらい忘れの2回目の(180日経過後)36万円(120日)分の入院給付金が残っていました。まだ入院が続くようでしたら、3回目(また180日経過後の120日分)の入院給付金にも該当されそうです。通算120×5回+100日分の700日分が支給されます。長期入院されている方は、ご相談ください。

このような方々って結構いらっしゃるのではないでしょうか?以前ご相談を受けた方は、62歳の更新で8万円近い保険料になるということで腹を立てて解約してしまったとのこと。

その方、糖尿病だったんですね~。主契約を減額して医療特約を残して最低保険金で更新されれば、最低限の保障は確保することも可能でしたのに・・・と思うと、お客様の側に立ったFP顧問って絶対必要!!

Kさんは、私がFP顧問としてこれからお付き合いさせていただきますからご安心くださいね。

そうお客様の側に立って考えて差し上げられる私たちFP(ファイナンシャルプランナー)がお役に立ちます。

団塊の世代の人たちが定年を迎えるこれからは、今まで何十年も払ってきた保険の更新がきて、保険料が高くなってどうしようとお困りの方が多いのではないでしょうか?ご自分で決めて解約されたりする前にご相談ください。ファイナンシャルプランナーに。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

2006年9月28日 (木)

BCP(災害事業継続計画)セミナー

FP社長です~ 

朝からNさんご夫婦と大学病院へ。ご主人が核医学検査室に入っていかれその間に奥様が泣き出されてしまう。私がこんなに頑張って仕事をしていて家計や入院費のために働こうと思っているのに、検査がつらいからとか治らなかったらとか不安なことばかりご主人がおっしゃるとのこと。

身につまされる話です。しかしいつ同じ立場になってしまうかわからないほどがん患者が多くなっている。国立がんセンターでは、10月1日よりがん情報サービスの新サイトがオープン。がんの相談支援センターも開設される。

一緒にいられる時間をできるだけ配慮し午前中を一緒に話を聞いて差し上げ次のアポへ。奥さんのためにもお嬢さんのためにも頑張っていただきたい。 <(_ _)>

午後からかねてより申し込んでおいたBCP(事業計画セミナー)へ出席。

1.我が国では地震、台風、集中豪雨等の自然災害が毎年多発し、多くの中小企業が直接間接の被害を被っています。被災による中小企業の事業中断は、そのまま廃業や倒産に直結しかねない深刻な事態であり、また被災地の地域経済にも大きな打撃を与えます。

2.そこで、経済産業省中小企業庁は、災害に対する有効な事前対策として、中小企業へのBCP(Business Continuity Plan=事業継続計画)の普及浸透が必要であると考え、「中小企業BCP策定運用指針」を作り、2月20日から中小企業庁ホームページ上に公開することとしました。

3.最小化するための企業の危機管理の新手法として、主に欧米で発達し普及しています。
このBCPの策定と運用のノウハウを我が国の中小企業向けに初めてわかりやすく解説したのが本指針です。

4.経済産業省中小企業庁は、国内企業数の99.7%を占め国家経済の根幹をなす中小企業にBCPを普及浸透することによって、不測の緊急事態にあっても活動を止めない強靱な経済社会基盤の構築を目指します。

過日、サンパティックの代表より中小企業BCP策定運用指針の話を伺っているときこれはわが社にとっても私自身にとっても必要なことであると認識新たになりました。

まずは、学んでみること・・・と思い立ちセミナーを申し込む。なるほどなるほど内容はよく理解できとっても必要であることを感じる。できるだけ早いうちにLife SolutionのBCPの策定をしなければと思うのでした。

企業だけではなく、企業を構成するのは社長はじめ個人の社員の方々、そしてその向こうには家族の方がいらっしゃるわけですからそれぞれの環境で立場でBCPの考え方を、つまりリスク管理ですね。

「がん告知」を受けることや「事故にあう」ということは、家庭にとっては地震や災害と同じことですね。その時に備えてどのように対処するのかを日ごろから考えておく必要があるということ。

そのお手伝いが一番しやすいのは、私たちFP(ファイナンシャル・プランナー)ではないかと思いましたね。その仕組み、窓口を作ることが大切でしょうね。

もうひとつ感じたことは、昨日のプレゼンの講義が利いたのか、それぞれのプレゼンターの話の構成・ストーリーについて・・・「う~ん せっかくのプレゼンが・・・もったいない」これ以上は控えますが。。。

My講師いわくたくさんのセミナーを聴き「よい点悪い点、自分ならこうする」ということを参考にすることが学習になると。私の聴き方が変わったのかもしれませんが、もうひとつ学習できたことはよかったこと。

夕方もう一件のアポのため早々に移動。税理士との面談後ヘトヘトニなって事務所へ戻る。しかし充実した日となる。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

2006年9月27日 (水)

トレーニング日

FP社長です~ ♪

本日は月1回のプレゼントレーニングの日。出張だったり相談業務だったりとあっという間の1ヶ月が過ぎ、宿題の論理的思考トレーニングを昨夜から泥縄のように課題をこなす。いけないいけない・・・

昨日、講師のNさんから本日のメニューがメールで7項目に書かれて届いていたので何を勉強するのかとてもわかりやすく、心構えもできること。あとで見直すにも忘れることなく有難いことです。

経営コンサルタントとファイナンシャルプランナーであるMy講師は、頼もしいと思う。

DCF法も論理的に図的にさらっと書いて講義が始まる。「Aさんの推薦状」も面白く考えさせられることが多かった。

5時間の時間があっという間に過ぎ、時間延長もしていただき年末に向けて頑張っていかなければ・・・と「やるぞ!!」という心構えを持てた日となる。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

2006年9月26日 (火)

「がん告知」

FP社長です~ 

昨夜の肺がんの告知を受けられたと連絡をくださったNさん。

「治すために頑張りましょう!!」と、痛くつらかった検査のはなしを何回も聞いて差し上げてとにかく励まし一緒に見守っていって差しあげるのも私の役目でもあると。

検査を1回受けるにも20000円くらいかかりますよ。とのこと。
10月は3日と4日が検査予定に。6~7万円かかりますとのこと。

ベットが空かない間は家から通って検査を受ける。その間に高校生のお嬢さんの奨学金の申請をしましょうと、私が学校へ行き先生に掛け合い申請の方法等々をお聞きしNさんに届け説明。

奨学金なんて気がつかなかったと感謝される。入院費その他がかかることが目に見えていますからね。

がん告知をされたからといって健康人と変わりない感じではありますが一日中仕事にも行けず家に一人いると「自殺したくなってしまうんですよ~」と弱気になっていらっしゃる。

励ましながらも「渇」をいれたり治すことを考えられるように気持ちを奮い立たせたりと30分くらいお茶をして元気になってもらい見送る。

夜は読売・日本テレビ文化センターのFPマネー講座の最終回。10月からの講座も開講が決定。その講座の講師を受けさせていただくことに。

一つ一つが私に与えられた学習であり試練であると真摯に受け止め、出逢った方々のお役に立てるように喜んでいただけるように頑張っていきたいと思う日でした。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

2006年9月25日 (月)

長い一日

FP社長です~ 

午前2時に「越後川口」より帰宅後片付け、愛犬の散歩を済ませ4時半ごろから仮眠を取り7時過ぎには起床という ハードスケジュール。

たまった書類の整理終了後 打ち合わせ。
夕方より 2ヶ月ぶりにMIXEへ。池戸君は明日のファッションショーのため予約をお願いできず、愛弟子の様な高橋 福子ちゃんにヘアカラーとカットをしてもらうことに。

とっても気を使ってくれているのがよ~くわかり申し訳ないくらい。でも、私の要望をよく理解して仕上げてもらいました。
今日もきてよかった。(*′▽`)ノ!!

その後PM9時より ディープな相談のアポ。つい先日海外旅行のお土産渡したいから取りに来て・・・とお電話いただき高価なメノウの・・・をいただいたばかり。

夕方TELがあり「ぼく、肺がんの告知を受けてしまったんです。。。」「えっ・・」
奥さんの相談相手や、いろいろな手続きを教えていただきたいとのこと。

MINXから飛んでいってご夫婦とお会いする。何気なく区からきていた健康診断を受けてみたら・・・ということで20数年受けたことがなかったが近くの 委託されている内科医で健康診断を受けたとのこと。

7月ごろから喉の辺りがモヤモヤしている・・・ということでよくよく検査してもらったら右鎖骨の辺りに黒い影が・・・

その後紹介状をもらって大病院へ。ベットが空き次第入院予定。それまでに検査・検査。。。
28日(木)にも検査とのこと。午前中は私も付き合いましょうと。
先週の検査で麻酔が効き過ぎたとかで「死んでしまうかと思いましたよ~」ととても弱気。

三大疾病一時金特約付の医療他に診査での加入、免責期間も過ぎていたので一安心ですが。

お二人のライフプランから考えられた保険設計のプランニング中は「病気にはすぐにはならない。死亡もすぐにはない。」と思っていらしてベストプランは保険料が出せないから・・・と何回も練り直しをしながらのプランニングでした。

「保険料が出せない」の真意は、別のところにあったようでした。奥さんが何回も何回も謝っていらした。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

2006年9月24日 (日)

越後川口にて

FP社長です~ 

越後川口にいます。そこどこ?って言われそうですが。Ekawaguchi_k21
関越自動車 道の長岡の近くのサービスエリアです。

日中でしたら越後三山が美しく見える場所です。

先週の20日から、びっしりスケジュールの新潟での相談業務終了後、本日は、早朝から急遽、車で富山へ移動して仕事を済ませ 夕方から東京へ向けて Uターンしてきたのですが、移動距離が、500Km近くになり もう運転したくなぁ~い状態になり2時間も留まっています(苦笑)

本日はある人にお目にかかるために富山へ移動しましたが、いくつになっても前向きに 明るく輝きを保って年を重ねていきたいと、これからの人生の生き方を考えさせられた日ともなりました。

「笑顔、咲顔を美しく!!」への字口にならないで。

Nyuuzenn 富山湾に沈む夕日をサイドミラーで感じながら、ところどころのパーキングエリアで静かな日本海の景勝を楽しみながら、車を走らせて来ました。ます寿司もへぎそばを買って来ました。帰ってからのお楽しみ。(*′▽`)ノ

今日の富山湾はことのほかのどかできれいでした。富山湾は万葉のころから「有磯」とよばれ、春には蜃気楼やホタルイカの群雄も望見できるロマンの海でもあります。Ariisoumi

早稲の香や 分け入る右は 有磯海  

                    松尾芭蕉

さぁ~てまた出発しましょうか。
今週の予定もびっしりですから、早く帰ってスタンバイできるようにしなくてはね。

東京まで120Kmで飛ばして 3時間かな~
いえいえ安全運転で 参りましょう。本日の走行距離は24時間で700Km以上になりました。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

2006年9月16日 (土)

「本日オープン!」

FP社長です~ 

「いないいないばぁ」は、小さい子供が大好きな遊び。  Nec_0040

フランス語では Faire cou cou(フェール クゥ クゥ)。それをお店の名前にした子供服のショップが下北沢の近くに本日オープンしました。おめでとうございます。

0才~6才くらいまでの、シンプルで品のいいかわいいお洋服のお店。まだ1歳半のお譲ちゃんを育てながら、妹さんと二人でオープンされましたNec_0039 。子供の肌にやさしいオーガニックコットンの素材のものや、肌触りのよい布地のお洋服が並んでいます。

オーナーのAKIさんは、予てからの起業家の夢を現実に。「夢」は持つものかなえるもの。つくづく思いました。

AKIさん素敵なお店を充実させていってくださいね。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=)

2006年9月12日 (火)

出逢い

FP社長です~ 

今日は夕方から水戸へでかけました。水戸の駅は初めて降り立つ。2年前の米国MDRTアニュアルミーティング「ニューオリンズ大会」でお会いした小林考廣久氏の勉強会出席のため。

120名もの保険マンの方々が出席。小林氏が話された、保険に対する考え方、思いの中で私が印象に残ったのは、「保険のプロとしての品格を持つということ」

一家の主が不測の事態のときご家庭に、社長に万が一のときは、会社に経済的に困ることがないように、まず保険の本質は保障。その後に節税対策での保険を考えなければ人間として・プロとして品格がないではないかということ。

私も、同感!!法人営業の中では、節税商品をひとつ売るというだけの仕事をされているかたもある。社長の中にはいくら払っていくら戻るという目先だけを考えて、きちんと保障の話を聞こうとしない方もいらっしゃる。

保険は「神様が与えてくれた誇り高い仕事」とおっしゃっている小林氏。心がけているのは「いつもお客様の隣にいる」ということ。時には背中を押してあげながら問題解決を一緒に考え、最後に守ってくれるという安心感を与える。それが大切なことだと。そのためには

「借金してでも勉強することだ」勉強は肥料。決して人生は順調にいくわけではない。スランプに陥った、あるいはやる気がでないときはセミナーを受講したり、勉強をはじめる、イコール自分に肥料を与えることで、再び前にすすむことができるし、つらさや困難のバーの高さがかわってくる。そこで新たな出会いも生まれる・・・と新聞の取材で書かれている。

私はFPとして保険を扱う者としてもっともっと勉強を重ね、自分磨きをしていかなければ・・・と心新たに思う日ともなりました。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=)

2006年9月 5日 (火)

「Life Solution通信」について

FP社長です~ 

9月に入り朝夕はめっきり涼しく感じられますが、日中はまだまだ暑いですねぇ。

「Life Solution通信」へのアンケートをたくさん頂きました。ありがとうございます。一方通行ではなくご意見やアンケートをいただくと, うれしいですね。アフラックの「オーケストラダック」をプレゼントしますね。                                                                         Nec_0036_2

長月のお元気な様子が伝わるお便り拝見しました。ますますのご発展のことお喜び申し上げます。

3.の「24時間テレビ、ユウキ」の紹介記事はよいものでした。

4、の月模様の記事は学術的で彩を添えます。10月6日には夜空を眺めましょう!

5.の記事の「保険の加入の仕方、考え方」を一人でも多くの方に伝えたいと考えています。お知り合いの方、お友達にもぜひご紹介ください。・・・というスタンス表明は、よいですね。

6、の記事は、よくここまで触れるネと、一生懸命さが伝わります。

ハガキの通信よりレポート形式が読み易くてよい。一つ一つの記事についてお答えいただきました。  A・S様より

度々、ご自身で言及されているとおり「初心忘れず」「謙虚さを失わずに」明快さと賜物をいかしてご活躍ください。と結ばれていました。

私をここまで導いてくださったおひとり。ありがとうございます。心に染入りました。

内科医のN先生より。「歳時記がいいね。アフラックダックはお子さんが注射するときに注意をそらすのにいいんだよね。よくできているなあ。またお客さんご紹介しますよ。」と言っていただきました。

「今回は盛りだくさんだねぇ~ 月の模様は季節感を感じるし、なかなか面白かったよ。24時間テレビは私的にはイマイチだなぁ~内容はいいんだけど、あの番組自体最近イベント化しているっぽくてさ。私がへそ曲がりかもね。それにしてもよくやるねぇ~エライ!頭下がるわ。」「んじゃ~おやすみなさい(-。-)zzZ」 

いつも歯に衣着せぬ的確なアドバイスをしてくださるTさんありがとうございます~

お客様とのコミュニケーションの一環として、お送りしている「Life Solution通信 9月号」は、クロネコメールでお届けのアナログ通信レターです。

昨年までは、毎月「ハガキ」で保険の考え方のこと、私の近況や歳時記を小さな紙面に盛り込んでいました。

毎月、ハガキが届いて思い出していただいて「そうそうご紹介があるの~」とか「子供が生まれるから保障を考えて欲しい~」といったご連絡を受けることが多くありました。

今年からは、小さな紙面ではお届けしきれない気持ちや情報をA4版のレポート形式で「Life Solution通信」としてお送りしています。

届いていない方は、お申し込みくださればお送りいたしますね。  下記より「Life Solution通信」希望とメールをお送りください。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »