« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

ハローウィン

FP社長です~ Kabocha11

本日はハローウィン!!

オレンジのかぼちゃやゴーストなどを飾る米国のお祭り「ハロウィーン」が日本でも広がってきました。ハロウィーンはもともとヨーロッパの古代ケルト族の祭りで、移民によって米国に伝わった。キリスト教の万聖節(Halloumas,All Saints'Day)の前夜祭(10月31日)のことです。

昔の人はハローウィンは前の年に亡くなった人が、この日だけ時が止まったようになって今生きている人に乗り移ると考えていました。人々は乗り移られないように家中の明かりを消して火の気のあるものも全て消して、家の中に亡くなった人が寒くて入ってこられないようにしました。そして念には念を入れあらゆる伝説をたよりに鬼のような怖い、そう「おばけのような格好」をしました。それが今でもハローウィンの習慣として残っているんですね。

あの世の扉が開き、悪霊や祖先の霊がやってくる。魔よけに夜になると窓辺やテラス、オレンジのかぼちゃをくりぬいた ack-o'-Lantem(かぼちゃ)目・鼻・口の顔を彫ったちょうちんに火を入れ子供たちはTrick or Treat!!(何かくれなきゃ悪さするぞ)と近所の家の玄関を叩いてはお菓子をもらい歩きます。

大人も子供も、おもいおもいのグロテスクな仮想や奇抜な格Obake921好をし て、町を練り歩くのです。

ハワイ在住の方から・・・ハワイは町中がハローウィン一色だそうです。

ハローウィンの何日も前から「ハローウィンには何を着るの?」が合言葉。今年はワイキキから1時間半くらいのパーティーシティで お嬢さんの衣装を揃えたそうです。その衣装は「パイレーツの海賊」とのこと。とっても似合っているのよ~と。大人には映画「サユリ」の芸者スタイルが人気。といってもミニの着物だったり、胸が大きく開いた着物だったりとのこと。

有名人の仮面から、つけまつげ、しっぽ、ひげ などなど20㌦~40㌦で楽しい衣装が揃うそうです。

衣装のほかに大事なもの・・・「お・か・し!!」 かぼちゃの形、がい骨、ドラキュラの歯の形をしたグミなどいろいろ趣向を凝らしたおかしをハローウィンの袋に入れて30個用意したとのこと。

朝 学校に登校するとハローウィンのパレード。放課後もハロウィンのパレード。夜は「おかしをくれなきゃ、イタズラするぞ~」と家々を回る。一日3回楽しんで、衣装 $34.99 お菓子やおもちゃ $40それを入れるバッグ$4 C_41 合計 $79とのこと。これを高いと思うか安いと思うか(笑)

全米小売業協会によると米国の市場規模は約49億ドル(約5800億円)。かぼちゃ形のランプなどを扱うソニープラザ(東京都)は5、6年前から関連商品の売り上げが年々2~3割増。

「商品陳列はバレンタインよりも長く、クリスマスに次ぐイベント」とのこと。おもちゃの「日本トイザらス」(川崎市)は全店舗で売り場面積を昨年の4倍に。「特に子供の仮装服が伸びている。この時季は大きな催事がなく、家族や地域で遊べる新しいイベントになっている」おのこと。各地で開かれている仮装パレードはどこも満員状態のようです。

アメリカのコマーシャリズム、ビジネスベースに乗るのはどうかとか・・・仏教徒なのにそんなお祭りは節操がないとか、いろいろ反応はあるかもしれませんが、日本のお盆の考え方と似ていたりするところもあります。東京は今日は秋晴れのようです。ちょっと「ハローウィン」を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

E021 「笑いや楽しいことは、心にも身体にもいいものです」楽しい一日を過ごしましょう!!

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=)

2006年10月30日 (月)

「Wish」…福山 雅治

FP社長です~ 

昨年11月6日に急性骨髄性白血病のため亡くなった歌手の本田美奈子.さん(享年38)追悼シングル「wish」(11月1日発売)の発表会がありました。福山雅治さんは追悼プロジェクト「INOUE AKIRA&M.I.H.BAND」に参加し、メーンボーカルとして同曲を歌う。

 本田さんとデビュー時に一度会ったことがあるという福山雅治さんは、「歌ってもらえるものだと思っていた。この曲は永遠に未完成。プロジェクトに参加できてよかった」と感想。曲は本田さんの復帰作となるはずだったもので、願いがかなわなかった本田さんのプロデューサーで音楽家・井上鑑が呼びかけ、ミュージシャン計18人でレコーディングし、リリースすることになった。

中学生のいじめによる自殺が連鎖反応と思えるように相次いでいます・・・「死なないで!!生きて!!」 どんなに生きていたくても病に侵されて亡くなってしまう人もいるのです。

命とは自分で使える時間・・・日野原 重明先生(聖路加国際病院理事長)

小学生を相手に「命の授業」をやっています。命の大切さを知ってもらうことが目的です。

まず聴診器で友達の胸の音をきいてもらいます。そのあとで「命ってどこにあるの」と聞きます。多くの子は心臓をさすのですが、「心臓は血液を送るモーターだ」というと考え込みます。

そこで「命とは君たちが使える時間のことだよ」と説明すると、子供はちゃんと理解します。自分で遣いたいように使える時間こそが命なのです。

「その時間を自分のためだけに使っていいのか」と問いかけるといろいろな反応が帰ってきます。人の命を無視するような考え方、時間の使い方は間違っていることを理解するようになるのです。

仮に失敗して人に迷惑をかけても、自分のためでなくつぐないのために時間を使って長生きすれば取り返せます。死んでしまってはどうしようもありません。

子供の教育をはじめとして私が使命と感じる仕事がたくさんあります。使命を果たすまで私もなかなか死ねないのです。

10月30日の日経の朝刊より

今がどんなに辛くても「明けない夜はないのです」誰かに話せば少しは楽になるはず。負けないで生きていきましょう。きっと変わっていくはずです。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=)

2006年10月26日 (木)

入院

FP社長です~ 

先日「肺ガン」の宣告を受けられたNさん。ようやくベッドが空いて今日の午後から入院。いろいろな手続きをして差額ベッド代のかからない6人部屋へ。

窓側と廊下側のあいだにもうひとつカーテンで区切られた真ん中のベッド。薄暗くて窮屈そう。気分的に余計に悪化しそうとはご本人。そう真ん中は、一番悪い位置。テレビもカードを入れて。冷蔵庫までも冷やすときだけカードを使用。何をするにも費用がかかるのです。

入院までにも検査、検査で10ウン万円。今週はPETの検査を受けて、リンパからの転移がないかどうかの検査とのこと。その具合によっては手術ができるかどうか決まるとのこと。

ガンという病気は、他人事には思えない病気です。どのようなリスクファイナンス、リスクマネジメントをとるか、対処するかを再度考えていかなければと改めて思います。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=) 

2006年10月23日 (月)

秋鮭の味覚「生筋子」

FP社長です~ 

すっかり秋めいてまいりましたね。暦の上では早いもので今日は二十四節気の一つ「霜降」です。「霜降」とは、霜が降りる頃の季節という意味で現在の暦(太陽暦)では毎年10月23日頃にあたるとのこと。季節の巡りは地球と太陽の関係です。

そこで、太陽の高さを元にして、季節を表すために考え出されたの二十四節気です。次の二十四節気は「立冬」となりますが、「霜降」の日の今日は札幌郊外で初冠雪となりました。

10年以上前、札幌に住んでいるころに会得した「鮭の生筋子の醤Bulog_ikura_2 油漬け」。旬の安いときにたくさん買い込んではお醤油に漬けて小分けにしたタッパーに入れて冷凍。手巻き寿司のときはいつも登場していたものです。札幌生まれの娘の大好物です。

今年もこの季節がやってきました。今では「生筋子」はスーパーでも簡単に手に入ります。

① ボールに熱めのお風呂くらいの温度のお湯をいれた中に生筋Hp20051023_001  子を入れて鍋のふたなどをして15分くらいおきます。

② 生筋子が白っぽくなります。これで皆さんびっくりしてしまうそうですが大丈夫!!まわりの薄皮をはがします。古い割り箸を筋子に立ててボールのお湯の中でくるくる回すと はがれてきます。

③ ある程度薄皮がはがれたら、お米を洗うときのように水を替Bulog20051023_002えながら残った薄皮を捨てて水を何回も替えていきます。

④ きれいになってきたら赤いいくらがきれいにそろってきます。これでほぼ出来上がり。ざるにあけて水を切ります。

⑤ お醤油、酒、みりん、を1:1:1くらいで合わせた調味料の中にBulog20051023_004_1漬け込みます。一晩漬けたらいくらが調味料を吸い込んでパンパンにハリがでます。日を置くと皮がかたくなりますから2~3日が一番おいしいころです。冷凍するときは漬け込んですぐ小分けにして冷 凍庫へ。

Bulog_014_edited ⑥ お丼の熱々のごはんに先ほどの調味料と同じ割合で煮詰めたものを小さじ1杯くらい回しかけいくらをたっぷりと、しその葉の千切 りをのせ刻みのりをかけていただきます。

札幌に住んでいたころの秋のおいしい味覚です。今でも秋になると何回も登場するなつかしい思い出の味。

お野菜たっぷりのかす汁とでも一緒にいただくと最高ですね。プロセスを写真で載せてみました。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

2006年10月20日 (金)

Happy Birthday

  FP社長です~ 

本日は皇后様のお誕生日。そして我が家の娘も半世紀違いのBirthday。突然の転勤で赴任した札幌の地で生まれた3番目の命。

身よりもなく慣れない環境の土地で悪戦苦闘しながらの子育て時代がなつかしく思い出されます。北海道の大自然の中、冬はスキー、雪まつり、夏はアウトドアライフを満喫。早い冬を迎える今頃はちょうど初雪のころ。

Ai親バカといわれてもいい娘に育ってくれてありがとう。これからもたくさんの幸あれと願いながら22本のローソクを「フー」

「Happy Happy Birthday to You!!」

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

2006年10月16日 (月)

いじめ問題におもう

FP社長です~ 

新聞、ニュースで小学生、中高生の深刻ないじめ問題の報道が後を絶ちません
自殺に追い込まれている子どもたちの気持を考えると胸が痛みます。そんな立場に立たされている子どもたちを大人が守ってやらなければならない。

しかし日頃の忙しさにまぎれ親や教師もわかってあげられないこともあるような気がします。ましてや教師の心無い言動が子供の心を傷つけていては・・・

偏差値教育真っ盛りのころ。
今だから言えることですが私も子育ての真っ最中に心無い教師の言葉や偏った見方を感じたことが幾度となくありました。3人の子供のそれぞれに。

教師にとっては同じ学年の担任を何回担当したとしても、子供たちにとっては一生で一回きりなのです。よく考えてほしいもの。

確かに教師も人間。ストレスもあるでしょう。しかし聖職という言葉が死語になりつつあると思います。

子供や、親たちにすばらしい先生として人気のある先生はどういうわけか職員室では上からいじめられている事実も友達の教師から聞いています。

先生も確かに大変な時代です。

「教育は共育」「育児は育自」
国も親御さんも教師も子供たちにとって何が必要かを考えて未来を背負っていく子供たちの真の教育(共育)を、もっと将来を見据えて考えて欲しいと憤りとともに感じた報道でした。

2006年10月10日 (火)

結婚記念日

FP社長です~ 

本日は私たち夫婦の結婚記念日です。お祝いは先日の日曜日にとっておきのワインの栓を抜き手料理をつくり乾杯しました。私たちがTop_type_pic 結婚したころは10月10日は体育の日でしたから、毎年必ずお休みで絶対忘れたりしないと、生涯そうであるように信じて疑わなかったもの。

しかし人生何があるかわからないもの。何時のころからか体育の日でもなくなり、必ず休日でもなくなってしまったのです。まったく無常とはよく言ったもの。

しかし私たちがこの日をお祝いする習慣は29年経った今でも変わらCw1_b011 ない。25年目までは結婚式のときに式場より贈呈?された大きなキャンドルに刻まれている毎年の記念の数字が燃えつきるまで灯りをともしていたものでした。(笑)

Cw1_020_thumb この話題は皆さん結構びっくりされました。私たちは当たり前と思っていたのですが。何度もの引越しで箱はぼろぼろになっていたのですが毎年この日になると主役に引っ張り出されてきていました。

この几帳面さは旦那様の性格。他の点はそれほど几帳面でもないのに不思議です(笑) さして大きなケンカもなくお互いそれほど不満もなく(たぶん・・・)健康ですごしてこられたことに感謝です。

私たちがケンカすることがほとんどないのは、きっと論理的な男の脳と感情のみで生きている私の女の脳の違いを、彼がきちんと把握してうまくコントロールしていたからなのではないかと最近感じることがありました。

そんなあるご夫婦の事例に基ずく話をお互い納得しながら、ワイングラスを傾けた夜でした。心も脳もすれ違わないように、考え方の相違で置いていかれないように素敵に齢を重ねていかなければと思った日でもありました。

次男からメールで結婚記念日おめでとう(*′▽`)ノ!!とメールが入ったのは予想外でしたがうれしいものでした。

これから後半の人生も健康で楽しくお互いを思いやってすごしていきたいと思うのでした。今までもありがとうございました。そしてこれからも益々よろしくお願いしますね!!

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

2006年10月 8日 (日)

「FPフェアー2006」に参加して

FP社長です~ 

Dsc00811_1 有楽町の国際フォーラムで開催されたFPフェアに参加してきました
FPフェアは、北は北海道、南は九州から集まるファイナンシャルプランナーの勉強会です。延べ人数5000人を超えたということでした。

昨日6日から開催されていましたが、私は7、8日の参加です。伊藤元重氏(東京大学大学院教授)の基調講演からはじまりました。

長い低迷時代を抜け、明るさを増しつつある日本経済のトレンドはどう変化していくのか。そして個人の「資産」を扱うマーケットは・・・ビジネス社会の現象を経済学の視点から読み解き、いま起きていることの本質を明らかにしこれから何が必要なのかを提言されていました。

約50のセッション(講座)の中からランチョンセミナー(お弁当を食べDsc00813 ながらのセミナー)を選んでも最高に受けられる数は2日間で、1時間半づつ7つのセッション。興味があるもの、今後の勉強になるもの、新しい考え方など、もっとたくさん受けたい・・・と思いながらも、時間割に追われながらあっという間に夕方。

Dsc00815_edited 今年はFPの交流会にも出席してみました。ワセダセミナーのFP実務修習生のメンバーとも一緒になり一日の疲れを癒す。また福岡で活躍されているFP、陣内恭子さん(マネーじゅくサポート株式会社)とお話する機会を得る。(写真は税理士の藤田さんを中心に実務修習のメンバー)

日本全国からのFPの勉強会。FPをサポートする企業の出展もあり新しいソフトや書籍、ビジネスモデルなどを知る機会ともなり、帰りには資料や書籍で紙袋はずっしりと重い。今回は役立てそうである。

今年のFPフェアーは、ずいぶんと様変わりしてよくなっていました。セッションの数が増えたこと。領域が広がっていること。ランチョンセミナーや、一般の入場者を意識したものなのでしょう予約なしの無料のセミナーが展示会場の横で行われていたことなど。意外とこれの内容がよかったですね。

昨年参加した米国のニューオリンズのMDRTアニュアルミーティング今年福岡で昨年舞浜で開催されたMDRT日本会を思い出しながら対比してみた。

セッションや企業の出展は似通ってはいるが、はっきり違うのはパフォーマンスとモチベーションと等等。。。レザー光線が飛び交い華やかな音楽が流れるオープニング。1年間頑張った自分自身へのお祝いとお互いの業績を讃えあうプロのFP保険マンの世界規模のイベントMDRTに対し、まだまだこれからFP業をいかに成功させていくかを模索中のヨチヨチ歩きのFPたちのモチベーションアップのイベント。資格はあっても発揮する場が少ないFPが多いように思う。

FPもお互いの業績を讃えあい知識と人間性とモチベーションのアップのため本当の意味で顧客のために役に立つことを考えるFPフェアーになっていく必要があるのではないかと感じた。

しかしどのような環境でも時代でも年齢でも、知ること学び続けることは権利であり義務であり人間の成長を図るには大切なことであると思う。FPは知識プラス人間性の成長が両輪となるのでは?。

「これから始まる人生はいつでも新しい挑戦の1年目であり、つねに人生はそこから創めると思って生きること」日野原重明先生はおっしゃっています。勇気付けられますね。

心理学者のエイリッヒ・フロムがいっていることを引用するなら「たくさんもっている人が豊かなのではなく、たくさん与えられる人が豊かなのである」そうFPとして、人としてたくさんの方々の役に立つことを考えていきたいものですね。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

2006年10月 6日 (金)

感謝の言葉をいただく

FP社長です~ 

本日は大荒れの天候。通勤、通学の方々は、びしょぬれだったことでしょう。ご相談者のお子さんの奨学金の申請の手続き関連のため雨のなかを移動。

途中,ホームドクターでもある長澤医院へ立ち寄りました。

先生が開口一番。先日、Nさんから、「いいかたをご紹介くださって本当にありがとうございます。先生に心から感謝しています。本当ホントウに、よくやってくださり家内も感動しています。何といっていいかわからないくらいの気持ちです」とそれはそれは先生が感謝されたとのこと。

「さすがプロですね!!僕もとってもうれしかった。すぐに携帯にお電話しようかと思っていたところ、今日お会いできてよかった。よかった。」

「僕の大切な患者さんだから、あんなに言ってもらうと僕のマインドもアップするしご紹介のし甲斐があるというもの。さすがですねぇ!!」と内科医の先生から感謝の言葉をいただきました。

「心のバトン、感謝の気持ちのバトンがしっかりと渡された瞬間」保険の担当者として、FPとしてこれほどうれしいことはないですねぇ。

FPとしての知恵とか知識とかだけではなく「心」をどのように態度に行動に現していくかそれは私だけのブランドとして創り上げていきたいと土砂降りの雨の日でしたが心は晴れやかになったのでした。

明日は「FPフェアー」に出席の予定です。有楽町駅は大混雑のことでしょうね。しっかりと学んでまいります。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

2006年10月 1日 (日)

医療制度の改正について

FP社長です~ 

もう10月。神無月ですものね。
神無月の由来は、出雲の出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神様がいなくなることから名づけられたそうです。全国の神様たちは1年に一回集まって、何を話し合っていらっっしゃるのでしょうね?
神様たちも終わった1年を反省し、迎える1年の目標を設定していらっしゃるのでしょうか。今年も残り3ヶ月。充実した一年だったと思えるようにすごしていきたいと考えています。

10月1日より、国の医療費の抑制を主な目的とした医療制度改革関連法の一部をご紹介します。

高齢者医療について

1)70歳以上のお年寄りを中心に、医療費など自己負担の増加は避けられないことになります。

 これまで、70歳以上の高齢者の医療費負担は、「一般」が1割、「現役並み所得者」は2割。

10月からは、「現役並み所得者」の自己負担が3割に、引き上げられ、現役世代と同じにななります。

「現役並み所得者」とは、別表で〈1〉と〈2〉の両方に該当する場合Ik20060930091540181l21のこと。
税制改正で、今年8月からその範囲が拡大しています。

税制改正で老年者控除が廃止され、公的年金等控除も縮小されたため、

〈1〉の「課税所得145万円以上」という基準を超える人の数が増えています。・・・・・さらに
〈2〉の収入の基準額は引き下げられています。

その結果、収入は以前と同じなのに、新たに「現役並み所得者」に仲間入り(該当)し、自己負担が1割から3割に増えてしまう人がでてきます。

国の推計によると、税制改正前の「現役並み所得者」は、70歳以上人口の6%に当たる120万人でしたが、改正後は11%、200万人とのこと。

すなわち「自己負担額が3倍に増える人が70歳以上の方々で80万人もいるということです。10月からの改正で一番影響を受けるのが、この人たちですね」

月ごとの医療費の「自己負担限度額」は、すべての年齢について10月から引き上げられます。

税制改正により70歳以上で「現役並み所得者」になった人については経過措置があります。自己負担割合は3割になるが、限度額は最大2年間、「一般」の額が適用されるということです。

2)療養病床について
療養病床には、介護保険が適用される「介護型」と、医療保険が適用される「医療型」があります。

長期療養が必要な人が入院している「医療型療養病床」でも、70歳以上の高齢者の自己負担額が増えます。大幅削減で「行き場ない」ことに・・・

慢性の病気で長期療養が必要な高齢者のための施設が全国で38万床ある「療養病床」の削減が医療制度改革関連法に盛り込まれました。

*2012年度までに、療養病床のうち、介護保険を適用する「介護型療養病床」  (13万床)を全廃する。

*医療保険を適用する「医療型療養病床」も25万床から15万床に減らす。

「病院に『医療の必要性は低い』と言われ、老健施設からは『医療の必要性が高い』と見られ、行き場がなくなってしまう患者がでてくることになりそうです。

*長期療養の療養病床で入院する70歳以上の患者は、食費や光熱費など居住にかかる費用が原則自己負担に。

これまでは、食費のうちの食材料費(1食260円)だけが全額自己負担で、それ以外の入院費は医療保険が適用され、1割の負担で済んでいました。

10月からは新たに調理費も加わり、食費は1食460円となるほか、
1日320円の居住費(水道光熱費)も自己負担になり、1日当たりの負担増は920円となり1ヶ月では28520円の負担増に。

介護型療養病床では、既に昨年10月から調理費と居住費を徴収しているとのことです。

3)少子化対策では、出産育児一時金が30万円から35万円にアップ。支給時期も従来の出産後2~3ヵ月後から 早くなり出産費用を支払う時に間に合うようになるとのこと。

出産育児一時金が増えても環境整備をしなければ本当の少子化対策にはならないと思うのですがいかがなものでしょうか。自治体ごとに取り組んでいるところもあるようですが。義務教育の間は毎月5万円ずつ児童手当を支給します~なんていうのはいかがでしょうね。

出産しても女性が仕事を続けやすいように、0歳児からの保育施設の充実。男性の育児参加をしやすくできるような社会を作っていかなければ根本的に少子化対策にはならないように思います。

「越後川口から」帰っていないの~?(笑)という問い合わせもあるくらいブログの更新を休んでいましたが、ご安心ください、先週も大いに活動していました。(*′▽`)ノ!!

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »