« 芸術のハシゴ? | トップページ | 新春賀詞交換会 »

2007年1月12日 (金)

胸の泉に

FP社長です~ 

年初よりの出張旅行から本日帰京。行き返りに富士山もみごとにその雄姿を魅せてくれました。 Huji

愛媛の企業の奥様とは、ご実家へお招きいただき、お母様やお姉さまの手料理によるランチをご馳走になりました。

お姉さまの趣味のパッチワークやトゥールペイティングの力作を拝見し、お庭に咲き誇る5月ごろのバラの写真を見せていただき、5月になったらまた是非~と言っていただく。人の縁というのは本当に不思議なもの。

あの時、喜田先生のセミナーに出席したからこそのご縁。それでも、その後かかわりを繋げなければありえなかったこと。

名古屋でのご相談会も終わり、また次回を考えましょうと後にして、夜は、読売・文化センターの「FP講座」開講のオリエンテーションと打ち合わせに参加。開講も決まりいよいよ講師デビューということに。

夜半、S社長よりお電話いただき明日の新年会にご招待いただくきましたが・・・ちょっと厳しそうなスケジュール!!

私が師と仰ぐ方からこのような詩を聴かせていただきました。それも小さなご縁からの始まり。その詩は・・・

胸の泉に                       塔 和子

かかわらなければ
  この愛しさを知るすべはなかった
  この親しさは湧かなかった
  この大らかな依存の安らぎは得られなかった
  この甘い思いや
  きびしい思いも知らなかった
 人はかかわることからさまざまな思いを知る
  子は親とかかわり
  親は子とかかわることによって
  恋も友情も
  かかわることから始まって
 かかわったが故に起こる
 幸や不幸を
 積み重ねて大きくなり
 くり返すことで磨かれ
 そして人は
 人の間で思いを削り思いをふくらませ
  生を綴る
  ああ
  何億の人がいようとも
 かかわらなければ路傍の人
  私の胸の泉に
  枯れ葉いちまいも
  落としてはくれない   
              「未知なる知者よ」より
 

人は、人と関わることにより幸せを感じ、お互いに成長していくもの。その過程の中には、辛いことも悲しいことも、不幸もあるかもしれない。それでも関わらなければ何一つ感じることができない。まず関わることから一歩が始まります。きっとあなたも、わたしも感じていることのはず。

それがみごとに表現されたいる詩に感激!あわただしく始まった一年ですが、今年のテーマは「かかわりを持つ」「かかわりかたを考える」のような気がいたします。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本年もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=)

« 芸術のハシゴ? | トップページ | 新春賀詞交換会 »

コメント

FP社長さま、
読売文化センター「FP講座」講師、おめでとうございます。
すぐに、文化センター人気講師となり、よくお似合いになると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/4896826

この記事へのトラックバック一覧です: 胸の泉に:

« 芸術のハシゴ? | トップページ | 新春賀詞交換会 »