« 「FP実技講座」講師デビュー | トップページ | 午前2時の「やけるやんか!」 »

2007年2月 1日 (木)

FP技能士講座

FP社長です~

荻窪のルミネでFP技能士講座を担当させていただきました。皆さん熱心に受講されていました。FP技能士3級の受験を考えられているご婦人も。心からエールを贈ります。Fpkouza_001

FP実技講座で講師をさせていただきながら、ふと今までのことが走馬灯のように浮かんできました。

私がFP(ファイナンシャルプランナー)という資格に興味を持ったのは、2000年の秋。毎週土曜日にワセダセミナーに3ヶ月通って、AFPの受験資格を得、翌年2月に受験し合格。CFPの単科取得、年金アドバイザー、DCプランナーなど気になる資格を取得していきました。

当時、中、高、大学の3人の子育ての傍ら9時ー5時の勤務。夜は週3回講座に通うような日々。夜の講座がある日は、朝から夕食の用意をして出勤。帰ってから家事に勉強・・・そんな目まぐるしい毎日を送るので明け暮れていました。もちろん、主人や家族の協力のおかげと感謝です!!

2002年に独立、2003年に法人成り。軌道に乗るまで無我夢中で過ごした毎日でした。最近、FPとして保険の実務家として、お客様のため、お客様と一緒に歩んで行けるそんな自信ができてきました。

『Rome wasn't built in a day.』・・・・・『ローマは一日にして成らず』まだまだやっと土台ができたところでしょうか。

行く先を明確に決めていなかった。いつも与えられた選択肢を右・左と選択してここまで進んできた気がします。

遠回りでもムダなことはないのでしょうが、FPの資格を目指される方々には、その先にある実務、そして「人、人間との関わり、心」を意識しながら勉強されると、資格を取得されてからもより効果的なのではないかしら・・・と考えての講義でした。

それで、私の講義は実務の面をちょっと強調しているかと思います。きっと後でそうなんだ・・・とご理解いただけることを願っています。

『勉強は、材料を仕入れること。出すのは知恵です。自分のための勉強だったら、身に付かないですけど、人に教えたりして周りの人に喜んでもらうことが、自分の喜びとなってそれが身に付くようになる』

このことも講義の最後にお話させていただきました。

知恵と工夫で同じ勉強(材料を使っても)をしてもできて上がってくるもの(お料理)が違ってきますものね。

もっともっと、お客様に喜んでいただけるようなFPに実務家になっていきたいものですね。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

本日もこのサイトの訪問者である皆さまへ、「旬」な情報が届けられるよう、「今日より明日へ」の思いで、しっかりと学んで参ります。日々、無事故でご健康を。(^。=) 

« 「FP実技講座」講師デビュー | トップページ | 午前2時の「やけるやんか!」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/5176556

この記事へのトラックバック一覧です: FP技能士講座:

« 「FP実技講座」講師デビュー | トップページ | 午前2時の「やけるやんか!」 »