« くらしとお金の相談室 | トップページ | 「メンタルヘルス」 »

2007年6月29日 (金)

ご相談業務

今月は、ご紹介によるご相談が相次いでいます。
有難いこと、感謝です。

ご夫婦5組、親子さん2組 独身者1人 それぞれ環境も価値観も持っている悩みも違う方たち。

お一人お一人に丁寧に対応させていただくことが、
ご相談者の安心につながり、それが「ありがとうございました」という「お客さまからの感謝の言葉」  
「こういうFPの方の仕事っていいですね。どううしたらなれますか?」というご質問がでることも。

最近は、結婚と同時に「パパ、ママ」になるケースも多くあります。
女性の場合、一年前は独身で、キャリアウーマンとして働いていたのに、一転して退職、身重になって変わっていく自分の姿に戸惑いながら結婚、出産・・・と
「大変な一年だったね。」って。

男性には、女性は自分のお腹で赤ちゃんを育て、出産しているから
親になったんだという実感があるけど、男性はどう?という質問に
「そうなんですよ、急にパパだって言われても実感なかったですね。」
「でもだんだん可愛くなってきましたよ」

「そうだよね~。立場が親になっても心や考え方はすぐに親にはなれないよね。」
「お子さんと共に育って親になって行きましょう。まさに子供と一緒に育つ共育ね。」                                                      

このご夫婦に3回お会いして面談させていただきましたが、彼の顔つきが毎回 しっかりした感じの顔つきに変わっていくのが感じられました。

新妻の彼女からメールが届き「彼も川島さんと会ってホントによかったと言っていました」
「親子3人で仲良く頑張っていきます。川島さんも暑さに負けず頑張ってください」と つづられていました。

「相手を理解する、受容する」とても大切なことですが、なかなかできないこと。
このことを教えてくださったのは、昨年のFP実務修習の講師である、紀平正幸先生。

そして何人かの師匠たち。師匠たちのことは、またの機会に。

« くらしとお金の相談室 | トップページ | 「メンタルヘルス」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/6987771

この記事へのトラックバック一覧です: ご相談業務:

« くらしとお金の相談室 | トップページ | 「メンタルヘルス」 »