« SPC(2)・・・「いのちを支える」鎌田實先生 | トップページ | 保険相談 »

2008年4月25日 (金)

㈱ネクシィーズ 近藤社長の講演より

FP社長です~ 

SPC2日目。

本日はセレクタブルセミナーの日。選りすぐりの3人の講師の中から㈱ネクシィーズの青年実業家、近藤太香巳氏の講演を、お聴きする。  

ちなみに他のお2人は、和田 裕美さんと モルガン・スタンレー・マネジメント投信の 湯浅 光則氏でしたが、私は迷わず近藤社長のセミナーをチョイスしました。

さて、近藤社長の講演は初めてお聴きしましたが、とても爽やかな青年実業家。人を魅了するプラスのオーラの持ち主という印象。

2004年11月11日最年少社長として(37歳)東証1部に、上場された㈱ネクシィーズの創業社長です。

2002年3月には、ナスダック・ジャパン(現ヘラクレス)に上場以来2年8ヶ月での東証デビュー。すごいことですよね。

ネクシィーズってどんな会社? 孫正義氏のヤフーBBが革新的なIPネットワークによるインフラを作り日本国内に急速にブロードバンドの普及しましたね。それに大きく貢献されている。

また、WOWOWやスカイパーフェクトTVにおいても、新しいビジネスモデルの確立に大きく貢献されている。あまり知られていないようですが私たちは、以外と身近で大変お世話になっていて、生活の中でも大きなメリットをもたらせてくれていた会社でした。

東京証券取引所に上場するということは、並大抵のことではありません。いろいろなハードルをクリアーしてそれでも上場できない企業もたくさんある中で東証1部上場を果たされた。

FPからみて上場を果たされることの凄さが一般の方よりよく理解できるところもあり、近藤社長の講演を迷わず選んだのですが、お聴きしてよかった!!。

近藤社長は、上場することが目的ではなく上場された瞬間に、次のステージを考えられている。どんどん進化し続けて・・・上へ上へと現在進行形なのです。

時代は「モノ作り文化から付加価値づくり文化」へ・・・というキーワードを何回も話され、そのためには営業マンの力が大きく関わってくるということ。その営業というすばらしい仕事について、ご自身がその部門で日本1の営業マンとなられた経験からも熱っぽく話されていたことに惹きこまれました。

営業は、商品の知識は当たり前、お客様の状況、ニーズ、嗜好(価値観)といったものを的確に把握しそれを踏まえてのプレゼンができるのは、「人と人との信頼関係が成り立っているから」と。

いかにお客様の気持ちを察し、お客様を思えるか。世の中はデジタル化してきているが、営業の基本はアナログ的な「ホスピタリティ精神」が大切という考え方は、ソニー生命の理念と大きく合致すると思えたことでした。

私自身が、ファイナンシャルプランナーとして保険プランナーとして、ご相談者のライフプランに即して、お客様の状況、価値観をコミュニケーションの中から把握し「保険商品のプランニング」そして「実行・援助」「いつもそばに寄り添っているサポート役」としての仕事という観点からも近藤社長の講演は、共感できるものでした。

社員さんたちにもとても慕われていてそのエピソードもお話してくださいましたが、社長として・・・上に立つものとしての心構えも参考に。

そして、「何ができるかではなく、何がしたいか」というメッセージ。これは、私たちファイナンシャルプランナーの中でも、資格は取得したけれど・・・せっかくの国際ライセンス(CFP)を取得しても、スタートラインにたった人やスタートラインから一歩が出られないでいる人たちにも送りたい言葉。

私自身がやりたいと思うことをしながら、自分自身も走りながら考え、立ち止まりまた走る・・・そんな10年だったような気がするから言えることです。

もちろんその影には、たくさんの人との出会い、人に助けられ、家族に協力してもらっての10年でしたから、感謝の10年ですね。

私なりにFPとして保険プランナーとしての自分に照らし合わせいろいろな共感、気づきを持てた講演でした。 

最後の10分の、昔話「うさぎのかめ」と「コロンブスの話」は、とっても心に残った内容でした。お聞きになりたい方は、今度お会いしましたときにリクエストしてくださいね。

« SPC(2)・・・「いのちを支える」鎌田實先生 | トップページ | 保険相談 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/20683298

この記事へのトラックバック一覧です: ㈱ネクシィーズ 近藤社長の講演より:

« SPC(2)・・・「いのちを支える」鎌田實先生 | トップページ | 保険相談 »