« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月25日 (金)

「ふるさと納税制度」

本日の日経の一面「日本人とおカネ」「ふるさと納税制度」について書かれていました。

『個人の所得税の一定割合を個人が育ったふるさとに納税するという新税制度』

名産品の牛肉やメロンなどのプレゼントを宣伝して寄付を集めようとする自治体もある。しかし大阪府は橋本徹知事のサイン入りの礼状が届くということです。とても好感が持てます。

考え方としては、『所得税を納めるようになった個人を育てたのは、個人のふるさとである。』
『ふるさとなくして個人の現在の姿は無い。人間形成、技能修得の大切な時期を過ごしたふるさとに、恩返しの意味で所得税の一定割合を納税することは、理にかなったことであり、日本人の精神構造にも合致すると思われる。個人に対する人材育成のコストがかかっているのだから。』ということ。

仕事が集中する大都市に人口が集中し、産業や税金が集中するのは避けられない。「地域主権」を唱えていて地域に産業を誘致したり、ふるさとUターンを推奨したり、地道な活動を展開してはいるが、新しい税政で「地域主権」を実現する必要があるのかもしれないと思う。

税金は「取られるもの」から意思を持って「収めるもの」へ「納税先」を選ぶ動きが始まっているのですね。

ちなみに、松井やイチローが今日あるのもそれぞれのふるさとの大地や風土があったから。イチローは恩返し納税のためふるさとに住民票を置いたままとのこと。オリックス時代の2000年には5000万円を超える額を納税したそうです。

都道府県の人口による規模の格差も平等に近付くかもしれない。財政破綻する自治体を救うことができるかもしれない。このような土台が出来れば、競争も生まれてサービスも向上するかもしれないですね。

今の様に、いくら税金を払ってもご苦労様!良く頑張りましたね」
の一言もないところで納税するより、喜んでくれる故郷やご縁があった自治体に納めたいと思う人がたくさん出てくるのではないかしら。

ただやはり最終的には、地域活性化のためにその税金をどのように使っていくかが大切になってくると思います。

2008年7月12日 (土)

相談の申し込み相次いでいます

FP社長です~ 

日経新聞の土曜日版の「プラス1」に私の名前が掲載されてから、「日経新聞をみました」ということで、私の名前でホームページを検索されて、ご相談の申し込みが相次いでいます。

保険の更新が間近なので、誰に相談してよいかわからなくて・・・とか「無料相談」って出ていますが、かえってそれはそれで不安なので・・・ということで、事務所までおいでくださっています。

たくさんの方々が、大切な生命保険に関して「不安・不信・不満」を持っていらっしゃることをまたまた、目の当たりにしたという感じです。

真摯に受け止めて、そのご家庭にあった「あなただけのプラン」「世界にひとつだけのプラン」をご一緒に考えていきたいと心新たにしています。ご縁に感謝いたします。

さた、話は、変わりますが

本日は、またまた日本FP協会の「くらしとお金の相談室」の相談員の日でした。

最近3週間の間に、3回相談員をお受けしていますので結構タイトな感じです。前日は、ご相談者がどのようなことでお困りなのかしら・・・と、いただいたメールをもとに、いろいろ考えてそれにあった資料などを準備します。

「ライフプラン」についてでしたら、実際にご夫婦の年齢やお子様の年齢を「ライフプランの作成ソフト」を使ってシミュレーションしてみます。

「住宅ローンの組み方」についてであれば、家を買う目的は? どこに買いたいのかしら?いつごろ? どんな家が欲しいのかしら?ご相談者の立場を想定してみたり・・・

住宅ローンを組んで「借りられる金額」と「返すことができる金額」は別問題ですから、それぞれの金額の出し方もお話できるように、きちんと計算式を組んでおいたり・・・

保険のご相談では、生命保険の必要保障額というのは、それぞれのご家庭で違うもの。価値観やご家族の抱えている背景で違ってくるんですね~。保険料が高いとか安いとかからのお話ではないということ。まず、そのご家庭でどのような保障が必要なのか?ということから考えていくこと。それが決まったら、ではどこの保険会社のどの商品を当てはめていこうか?ということを考えていきます。

必要保障額を出すにあたっても、「ハイ、生活費はいくら?」「収入はいくら?」なぁ~んて「尋問」」のようなお話はいたしませんよ。

「川島ワールド」の中に入ってきていただき「楽しく、さりげなく気がついたらお話をしてくださっていた」って感じで皆さんどんどんお話してくださいます。時々は笑い声もあがったりで和気あいあいと。

ですから無料相談の50分はあっという間に過ぎてしまいます。

本日も3組のご相談者とも二重丸のアンケート結果。3組とも二重丸というのは稀なんですよ・・・と先日、担当者の方がおっしゃっていましたが。

保険の主契約についている特約というのは取り外すことができるんですね。初めて知りましたとか、家を買うには、その目的や将来のライフプランのことをきちんと考えてからが必要なんですね・・・などそれぞれのご相談者の方向性を見つけて差し上げることができたので「よかった!」「Goo~!」と私も満足のいく一日でした。

今日は3組ともご夫婦でお見えになっていました。お子様をお連れになった方もお1組ありました。50分の相談がを終えて笑顔でお部屋を出られるときに、それぞれの皆様が、健康で幸せな生活を送られますように・・・と心の中で祈るように見送っていました。

日常の業務の中で、このようにボランティアですがお仕事をさせていただくということは、私にとってもとても参考になることです。結構きついハードスケジュールになることも多いのですが「ハードdangerスケジュール」こそ「ハートheartスケジュール」と思って頑張っています。

FP業務ならびに「保険・年金・ライフプランニング」等、
少しでもお役に立てれば幸いです。気楽にご相談下さい。

Life Solution 「ご相談窓口はこちらです。」 

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »