« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

人生の伴走者として

FP社長です~ ♪

久しぶりの日曜日・・・という感じですが、急なご相談が入り五反田でお会いすることに。

5年前にご相談をお受けしたMさん。40歳でシングルマザーに。お嬢さんは4年生10歳に成長されていました。初めてお会いしたときは、幼稚園のころでしたからご一緒にいらしたのですが、今日はお留守番ということで。

時々お送りしている「Life Solution通信」を読んでくださっていて、私がどんどん変化・進化していくことをとても讃えてくださって。とてもうれしく思いました。

今回はがん保険についてのご相談だったのですが、ご自身の近況も交えてお話くださいました。何年か前に奥様を亡くされた71歳の紳士から求愛されているとのことで、21歳の年の差を感じさせないしお嬢さんもとてもなついているとのことで、真剣に考えようとされていることを聞かせてくださいました。

その紳士には2人のお子さんがいらっしゃることや近々中古の一戸建てを買ってご一緒に住むという予定もできている・・・と。

シングルマザーになったいきさつはお聞きしていませんでしたが、10年間一生懸命女手ひとつで頑張ってきた彼女。何か幸せのオーラに包まれているような感じ。幸せになってくださいねって心から祝福しています。

いろいろな意味で相続対策のご相談も受けることになりました。「相続」が「争続」にならないために考えましょうね。ご一緒に。

2008年8月30日 (土)

401K投資教育の講師

FP社長です~ ♪

本日は、投資教育の講師を務めてきました。

確定拠出年金を導入されている企業の社員さんたちに対して、年に何回か実施している投資教育を担当。DCプランナーとしてファイナンシャルプランナーとしてお話いたしました。

確定拠出年金のルールに始まり、商品の種類、14種類の投資信託のそれぞれの違いと元本確定型と呼ばれる商品のメリット・デメリット。どのように選んで運用してリバランスしていくのか。

リバランスというのは、投資する商品の種類と割合を最初に決めて、しばらく運用するうちに割合が変わってきたら(ずれてきたら)値上がりしているものを売ったり、落ち込んでいるものを損切りしたりしてもとの割合にもどす。・・・ずれたら戻すということを繰り返していくこと。

リスクとリターンの考え方。資産運用の考え方の基本の時間分散と資産分散の話。もうひとつ401K年金ならば長期運用になっちゃいますよね。60歳以降から出なければ受け取れないわけですから。

確定拠出年金のプランは、税制的にもかなり優遇されていますし、毎月一定額の金融商品を買っていくことで、「ドルコスト・平均法」といって購入単価を目に見えない部分で下げていくという利点もあります。

そんなお話を65枚のパワーポイントのシートを使って1時間10分くらいで講義をしてきました。

レジュメはあるけど、難しい言葉をわかりやすい簡単な言葉に置き換えて話す。これが一番大事と!!と私のプレゼンの師匠に教えていただきました。

実際そうなんですね。「アクティブ運用」ってどんな運用?日経平均を上回るようにプロのファンドマネージャーが運用する・・・なんていいながらも「イケイケどんどん」の運用って付け加えるとそこだけ頭に入っていて、「インデックス運用」との違いをしっかりと理解してくれているんですね。

今まで掛け金を会社から出してもらって定期預金か何かに積み立てて放っていたという方もちょっと興味を持ってくださったようで、「年金クラブ」のサイトを見たことがなかったけど「見てみよう!」と思われた方もあり始めの一歩を出してもらえるようになったのかな・・・という手ごたえでした。次は2週間後に再度、同じ会社で投資教育をさせていただきます。

もっとわかりやすく、親しみやすくをモットーにお役に立っていきたいと思っています。

2008年8月26日 (火)

「30年越しの恋」

FP社長です~ ♪

お友達からこんな素敵な話を聞きました。森山良子の歌に「30年を2時間半で・・・」って曲がありますがまさにそのまま。。。

30年前にいろいろな理由があって別れてしまった二人。ある日ばったりと会う機会が合ったそうです。夢の中に今でもフ~と彼女の名前が出てくることがあったくらい彼は彼女のことを今でも思っていたとのこと。

せっかくだからと彼は精一杯のもてなしをしてくださったそうです。

彼は彼女が立派に活躍していることを知り、褒め讃えたそうです。30年ず~と幸せにしているのかな?って心の中で気遣いながらいてくれたとのこと。彼女はうれしいですね~って。

彼女が結婚して2~3年後、さすがに諦めて妹さんのお友達を紹介されて結婚に至ったとのこと。それでも「僕が結婚したいと思ったのは、後にも先にもあなただけだったんだ。これだけは伝えておきたかったheart」と。

彼は彼なりに働き者の奥さんと可愛いお子さんたちにも恵まれ幸せな家庭を築いてきたそうです。お子さんたちも独立したりお孫さんができたりと、それなりに平和な日々を送っているとのこと。

それでも彼女と再会して、恋心が再燃!「わくわくドキドキするような気持ち」を僕は感じていると彼女に告白。しかし彼女は仕事に夢中!(彼女は私をはるかに越えて仕事人間です)

そんな彼女を見て、「よ~し僕も何かに向かって生き生きと頑張ろう!」って彼のほうも触発されているとのこと。

彼女は、出会う人たちに夢と元気と勇気を与えている。輝いている人のオーラは周りの人を素敵に変化させていくような気がします。

「恋人とか男と女とかそんな枠を超えて、素敵な人間同士としていい関係を再開できればいいんじゃないかなぁ~」・・・て私は思うのですがどうなのでしょうね。

そんな人生模様をお聞きしてほのぼのとした日でした。

2008年8月22日 (金)

PA認定式

FP社長です~ ♪

今日は午後からPAの認定式のため六本木ヒルズへ。PA(Professional Agent)って?

「お客様本位のライフプランニングと合理的な保険設計ができる」ことを、ソニー生命がオフィシャルに認定した生命保険営業のプロフェッショナル・・・と定義されています。

3つのファクター「業績」「資格」「能力」をすべて高いレベルで備えています。とソニー生命が推薦してくれているという資格です。

私は、生命保険営業をしているとはまったく思っていないのです。ご相談者のお話を聴きその内容の問題解決(Solution)のために、生命保険が必要なら提供している。ただそれだけですから。売ろうとは思っていない。それが本音です。

「必要なら提供する」「ご相談者の利益が第一」・・・そのことに徹底していくと自然と需要が出てくるのです。きちんとライフプランニングをして差し上げることによりお客様に支持され、そして数字がついてくる。FPとしては当たり前のこと。

今回の認定者は14名。北は札幌から南は沖縄から出席されていました。そのうち女性は、私を含め2名。PAに認定されていらっしゃる方々は、さすがにすばらしい方々が多く出席されている。このようにトップの会となるとお互い情報の共有と切磋琢磨できるということが、とても魅力的です。

よい出逢いをいただきました。

まぁとにかく業績も入れれば1年がかりの資格へのチャレンジだったわけですから、結果オーライというところでしょうか。

ここで留まることなく「更に上を目指してGo!」ですね。

2008年8月 6日 (水)

TV東京の「クロージングベル」に生出演

FP社長です~ FP保険 アドバイス 中正公立ファイナンシャルプランナー

A_0

TV東京のクロージングベルに生出演しました。

最近地震が多発しています。また、防災の日も近いですから、地震保険についての特集にファイナンシャルプランナーとしてコメントさせていただきました。

K_0 地震保険の加入者は、大きな地震があると増える傾向にあります。

1995年阪神・淡路大震災以降、地震保険は急速に増加しています。震災の前年が396万件の加入だったのが、震災の年の95年には、30%伸びて518万件、2007年には1126万件と急増。

地震保険は、地震が原因で起きた『地震・噴火・火災』などで建物や家財に損害が生じた場合保険金が支払われます。   

S_0

impact火災保険とセットでの加入が条件!地震保険のみの加入はできない。

impact国と民間の損害保険会社との共同運営制度なので、どの損保会社で加入しても保険料や補償の内容は変わらない。

     impact地域・建物の構造・割引制度の適用の有り無しで保険料が違う

   impact補償は火災保険の保険金額の30~50%または5000万円が限度

 例えば2000万円の火災保険金に加入していたら、セットできる地震保険は最高でも  1000万円。thunderthunderthunder地震が起きました。thunderthunderthunder建物の損害が何割に達したかによって、「全損」「半損」「一部損」に区別されます。これは、第三者機関の鑑定人によって査定されます。

そして、支払われる保険金額は、「全損」で1000万円O_0「半損」で500万円「一部損」で50万円を限度として支払われる。

保険金をできるだけ早く構成に支払われるように、3区分になっているとのこと。

地震で火災が起き、建物が全焼した場合、補償されるのは地震保険のほうからになる。火災保険のみでは、地震等の損害は対象にはならない点に注意annoy  例の場合は、地震保険の1000万円が限度となる。

阪神・淡路大震災の時には、焼失したり壊れた家の住宅ローンと建て替え費用のローンで15000人もの2重ローン債務者が生まれてしまった。

地震保険だけでは、家の建て替えはできないかもしれない。では他にどんな手立てがあるのでしょうか?

日本震災パートナーズという地震保険専門会社新地震費用保険「Resta(リスタ)」は、短期小額ミニ保険として新設されている。                                                                                                

                                                                  前述の地震保険は、建物や家財を補償するものでしたが、新地震費用保険は、被災後の仮住まいや家賃など「生活再建費用をカバー」するもの。

  new 地震保険との併用OK  

   new 火災保険の加入がなくても単独でOK

  new 保障額は世帯人数で決まる。5人以上の世帯人数で 最高900万円の保険金

従来の損保会社とは会社が破綻した場合「損害保険契約者保護機構」では補償されない点は違うので、注意が必要。annoy

地震保険料の控除制度有り

地震保険に加入しやすいように国のほうでも考えてくれていて保険料に応じてですが、所得税では最高5万円、住民税では最高2万5000円が、所得から控除される。

新地震費用保険は、税金の控除の対象にはならないので注意。annoy

以上、TV東京12チャンネルの「クロージングベル」で、生出演させていただいた「地震保険」についてのコメントを再度書いてみました。

保険金で「家の建て直し」はできないかもしれませんが

「生活の建て直し」はできるかもしれません。

この機会に火災保険と地震保険を見直してみましょう。

2008年8月 1日 (金)

投資教育の講師に

FP社長です~ ♪

本日、確定拠出年金の資産運用会社で、模擬講義をしてきました。また、新たなるチャレンジです。受かるかどうかは、わからないのですが・・・

確定拠出年金法というのがあります。

少子高齢化の進展、高齢の生活の多様化等の社会経済情勢の変化にかんがみ、個人又は事業主が拠出した資金を個人が自己の責任において運用の指図を行い、高齢期においてその結果に基づいた給付を受けることができるようにするため、確定拠出年金について必要な事項を定め、国民の高齢期における所得の確保に係る自主的な努力を支援し、もって公的年金の給付と相まって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的として制定された法律』です。平成13年の6月29日に制定され平成14年4月から施行。

そのころDCプランナーの資格を取るために「年金」や「運用」の勉強を一生懸命していたのが思い出されます。そして今回それが役に立つときがきたと思っています。

確定拠出年金(DC・・・Defined Contribution)という制度が導入されている企業や個人の数は今年の4月末現在で

企業型年金の規約数
(1)承認規約数    2,736件
(2)加入者数     約296万人

個人型年金の加入者等(1)第1号加入者   37,784人
(2)第2号加入者   56,042人
(3)合 計      93,826人
(4)事業所登録    51,153事業所  

平成24年3月に適格年金の廃止も決まっているので、これからますます確定拠出年金に移行する企業が増えると見込まれています。

確定拠出年金とは、将来受け取る年金受取額が私たちの掛け金と運用利回りによって変化する年金のことです。国民年金・厚生年金の上の3階部分の年金というイメージです。

一般的に、国民年金・厚生年金などの公的年金は、何歳まで生きてももらえる反面、早くに亡くなった場合には年金を受け取れないという”給付型”と呼ばれるものでした。

一方、確定拠出年金は、給付型の年金と違い”拠出型”と呼ばれ、将来受け取る年金額が確定しています。
早く亡くなってもかけた分はもらえる反面、長生きしても拠出額を超えるともらえないという年金です。

確定拠出年金は、少子高齢化の流れから、給付型の年金が十分ではなくなってきていることを補うものとして導入されました。
公的年金と並行してかけることができ、そのうえ掛け金には税金の控除が受けられる特典があります。

将来受け取る年金額が、運用利回りによっても変化するので、年金加入者は運用の勉強をすることが非常に大切になってきます。

そのため投資教育の講師を募集ということで、ある証券会社に応募して本日、模擬講義をしてきました。

運用ばかりを考えがちですが、加入者のライフプランやライフデザインもとっても大切になってきます。そんなお手伝いもできたら・・・という思いです。 私の想いがかないますように・・・

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »