« 「30年越しの恋」 | トップページ | 人生の伴走者として »

2008年8月30日 (土)

401K投資教育の講師

FP社長です~ ♪

本日は、投資教育の講師を務めてきました。

確定拠出年金を導入されている企業の社員さんたちに対して、年に何回か実施している投資教育を担当。DCプランナーとしてファイナンシャルプランナーとしてお話いたしました。

確定拠出年金のルールに始まり、商品の種類、14種類の投資信託のそれぞれの違いと元本確定型と呼ばれる商品のメリット・デメリット。どのように選んで運用してリバランスしていくのか。

リバランスというのは、投資する商品の種類と割合を最初に決めて、しばらく運用するうちに割合が変わってきたら(ずれてきたら)値上がりしているものを売ったり、落ち込んでいるものを損切りしたりしてもとの割合にもどす。・・・ずれたら戻すということを繰り返していくこと。

リスクとリターンの考え方。資産運用の考え方の基本の時間分散と資産分散の話。もうひとつ401K年金ならば長期運用になっちゃいますよね。60歳以降から出なければ受け取れないわけですから。

確定拠出年金のプランは、税制的にもかなり優遇されていますし、毎月一定額の金融商品を買っていくことで、「ドルコスト・平均法」といって購入単価を目に見えない部分で下げていくという利点もあります。

そんなお話を65枚のパワーポイントのシートを使って1時間10分くらいで講義をしてきました。

レジュメはあるけど、難しい言葉をわかりやすい簡単な言葉に置き換えて話す。これが一番大事と!!と私のプレゼンの師匠に教えていただきました。

実際そうなんですね。「アクティブ運用」ってどんな運用?日経平均を上回るようにプロのファンドマネージャーが運用する・・・なんていいながらも「イケイケどんどん」の運用って付け加えるとそこだけ頭に入っていて、「インデックス運用」との違いをしっかりと理解してくれているんですね。

今まで掛け金を会社から出してもらって定期預金か何かに積み立てて放っていたという方もちょっと興味を持ってくださったようで、「年金クラブ」のサイトを見たことがなかったけど「見てみよう!」と思われた方もあり始めの一歩を出してもらえるようになったのかな・・・という手ごたえでした。次は2週間後に再度、同じ会社で投資教育をさせていただきます。

もっとわかりやすく、親しみやすくをモットーにお役に立っていきたいと思っています。

« 「30年越しの恋」 | トップページ | 人生の伴走者として »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/23401547

この記事へのトラックバック一覧です: 401K投資教育の講師:

« 「30年越しの恋」 | トップページ | 人生の伴走者として »