« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月27日 (土)

生命保険&資産運用講座を開講

本日はいよいよ千葉県の「消費生活の安定および向上に向けた県民提案事業」ということで認可がおりた講座の開校日でした。

「賢い消費者になるための8つの講座」・・・3人のファイナンシャルプランナーが「生命保険」と「資産運用」について講師を務めます。shine

船橋市勤労市民センターで13時から。雨の天候の悪い中、50才代から70才代の方まで多数のご参加をいただきました。生命保険の講座のほうが若干参加される方が多かったかしら・・・という感じです。

皆さん熱心に受講されていました。自分の生命保険のことをどのようにしたらよいのか?誰に聞いてよいのか?がわからないけど何とかしなければ・・・という思いなのでしょうね。

講座終了後も、センターの下のロビーで相談をお受けしました。お金の問題や保険の内容は表面的なことで、その向こうにある心の問題が本当に考えなければならないこと。

そのことに気づかれたようでとてもよかったことと思います。flair

毎週土曜日 3月6日 3月13日 3月20日まで続きます。まだ若干お席がありますので次回からでもどうぞ参加されてくださいね。

2010年2月 7日 (日)

2月のイベントは

立春が過ぎたのに本当に寒い毎日が続いています。

先週は、 スーパーでは節分に向けて、鬼のお面と豆のセット、恵方巻きと名づけられた海苔巻きの宣伝に力が入っていました。

2月と8月は、昔はニッパチといって、商売が低調だといわれていましたが、この低調を吹き飛ばすためのビジネスモデルに消費者が乗せられているように思う。

                           
2月はこの節分の恵方巻きと中ごろにはバレンタインheart02のチョコレートが控えていて
どちらも私の子供時代、子育て時代には知らなかったものです。今では少しずつ変化を重ねてそれぞれが一大イベントに育っていますね。

今年はこの恵方巻き人気にのって売り上げアップを計ろうということか、和洋菓子業界が便乗作戦にでてきました。ロールケーキや餡巻きなどの節分バージョンが売り出されている。巻くものなら別に寿司でなくてもよいのではないかということでしょうか。

バレンタインチョコも変化を続けている。チョコレート業界の陰謀?のような「愛の告白」であったものが、企業に取り込まれて「義理チョコ」となりおじ様たちがニンマリ。

やがて、「自分へのごほうび」になり、いまや「友チョコ」で自分好みのトッピングをしたデコチョコが流行。結局、誰でも何でもOKになったみたい。

どちらも最初の仕掛け人のビジネスの仕掛けはたいしたものだと思う。モノ本来の価値に伝統や由来がプラスされ、イベント性がある。しかも値段も手ごろで誰でも気楽に楽しめる。

この不景気の中でも、大きく支持されバレンタインデーheart02が近づくとデパートやスーパーのチョコレート売り場は、大盛況。イベント性が支持される要素が満載なのでしょう。ストレスが溜まるだけの節約やエコは長続きしないのかもしれません。

楽しく、美しく、そしておいしさなどとコミュニケーションのひとつとなっているのが受け入れられている要素かもしれません。

各人の家計・お財布の中で収支のバランスを取りながら最適化を図るのが主婦の腕の見せ所、賢く、しなやかにそして楽しくこの不況を乗り越えたいものですね。

つぎに私たちの視線を捕らえるものは何か。街をいく人がどこを見ているのか、
その視線の先がなぜか気になるこのごろである。

2010年2月 1日 (月)

消費者保護のための講座を開講

Photo

生命保険を始めとする市場に出回っているさまざまな金融商品がありますが、売り手の立場ではなく消費者の立場に立って買い方、使い方を勉強する講座です。

昨年の9月に消費者庁が発足しましたね。それに伴って消費者を守るための講座を、千葉県からの依頼を受けて開講します。講師は、私たちファイナンシャルプランナー(CFP)の3人で勤めます。

【消費生活の安定および向上に県民安定事業】

日時 : 2月27日(土)~3月20日(土)までの                    毎週土曜日の4回講座です。

生命保険の部  13時10分~14時40分まで

資産運用の部  15時~16時30分まで

各40名・・・先着順です。 参加費は無料です。

 申し込み先:ファイナンシャルプランナーズ「生活応援団」団長                  メールでは kenngagiyama@nifty.comまで お申し込みお待ちしています!!              

 金融経済危機の発端となったサブプライムローンから始まり、リーマンショックから1年以上経ちましたが、それ以前に購入した投資信託や変額年金などの金融商品の価額が下がってしまってどうしたらよいか???というご相談がいまだに続いています。この機会に一緒に勉強してみましょう!

       

 

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »