« ティーペック(T-PEC)のセカンドオピニオンサービス | トップページ | 母の一周忌 »

2010年4月 1日 (木)

「お医者さんと禁煙しています」

舘ひろし「お医者さんと禁煙しています」のコマーシャル

俳優の舘ひろしさんが“リアルに禁煙”する製薬大手ファイザーの禁煙治療啓発キャンペーンCMが10日からオンエアされていますが、これに並行して禁煙するための“治療”の様子を映したドキュメンタリー映像も公開されています。

長身でクールでダンディな英国紳士風の舘ひろしさんは、私の好きな俳優さんの一人です。とっても硬派にみえるのにコミカルなドラマにも出演。ますます好感度UPでしたが、「禁煙宣言」されもっとファンになってしまいました。

舘ひろしさんの喫煙歴は40年!その舘ひろしさんが製薬会社のファイザーと禁煙外来の医師と一緒に禁煙を成功させる模様が今テレビCMで放送されています。
そのCMの中、舘ひろしさんとお医者さんの会話で印象に残る言葉・・・

「舘さん、禁煙で大切なことは何だと思いますか?」
「ん~、気合です!・・・か?」

医者: 「まず、その考えから治しましょう」・・・笑

私のお客様のお一人である大手企業の社長さんも禁煙宣言されてから今日で3年。4年目に突入です。おめでとうございます!! 

これからも頑張ってくださいね。応援しています。shine

私は、タバコを吸ったことがないのでわかりませんが、禁煙をするというのは人によってはとても辛いことのようです。やはり強い意志が必要でしょう。

タバコは体に悪い、吸いつづけるとガンになる確立も高くなる、などという事実は誰でも知っていることです。

吸わない方が良いのはもちろんですが、何より一番大きな問題は
受動喫煙つまりタバコを吸わない人が吸う人が吐き出す有害な煙を吸わされる事でしょう。

「タバコを吸うと気分が落ち着く」と感じる人もいるそうですが、科学的にいえばタバコが神経をリラックスさせたり集中力を高めたりする事は一切無いそうです。

もともとタバコに含まれるニコチンには強力な中毒作用があり、中毒になっている人が吸わないでいると禁断症状でイライラしたりするために、タバコを吸って禁断症状が消えた時に

「リラックスできた」
と錯覚しているというのが本当のところでしょう。

健康増進法には「多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない」と定められています。

飲食店などでも分煙の実施はされているところが多くなりましたが、タバコを吸わない私は、やはり禁煙のお店に入りたいと思いますものね。

新年度を迎えたこの機会に「禁煙宣言」して舘ひろしさんと一緒に「禁煙」に取り組んでみてはいかがでしょうか。

FP的に申し上げれば、タバコ購入の代金が浮きますからキャッシュフローが随分よくなると思いますよ。小さな金額でも何十年も積み重ねると大きな額になります。

禁煙宣言受け付けます!!

« ティーペック(T-PEC)のセカンドオピニオンサービス | トップページ | 母の一周忌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/34026651

この記事へのトラックバック一覧です: 「お医者さんと禁煙しています」:

« ティーペック(T-PEC)のセカンドオピニオンサービス | トップページ | 母の一周忌 »