« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

岡田ジャパンから学ぶこと

ワールドカップの岡田ジャパンのゴールキーパーの川島永嗣のおかげで私と同じ川島と言う名が一躍有名になったのではないかしら。

サッカーが好きな人もルールを良く知らない人も、特に日本の試合があるときは、日本中が寝不足気味でサッカー観戦に燃えた日々でしたね。

「真剣なスポーツとは、銃撃戦のない戦争である」というジョージ・オーウェルの使い古された言葉がJBに書かれていましたが、まさにオーウェルの言葉よりずっと健全で、人を元気づけ、勇気と希望諦めない気持を感じられましたね~。

W杯の雰囲気は敵意ではなく歓喜!まるでお祭り騒ぎ。対戦するチームそれぞれのファンは、派手な衣装をまとって顔にペインティングをして会場に集まり、楽しく陽気に応援をしているのがテレビ観戦からも感じられましたね。

そして日本では忘れられているような「愛国心」を感じられたような気もしますね。政治の世界でも相撲においても恥をさらしているような昨今のニュースの中、日本のサッカーは各国に称賛と敬意を勝ち取るチャンスになったのではないでしょうか。

岡田武史が昨年末、早稲田大学での講演で語った「日本代表の監督の仕事とは・・・の中で

club 明確な目標はもちろん「W杯本大会でベスト4入ることに本気でチャレンジしねえか」ということ。みなさんはいろんな成功の書とか読んで「目標設定って大事だ」と思っているでしょうが、今みなさんが思っている10倍、目標は大事です。目標はすべてを変えます。club

club W杯で世界を驚かすために、パススピードを上げたり、フィジカルを強くしたりと、1つずつ変えていくと、かなりの時間がかかります。club

club ところが、一番上の目標をポンと変えると、オセロのように全部が変わります。「お前、そのパスフィードでベスト4行けるの?」「お前、そんなことでベスト4行けるのか?」と何人かの選手にはっきりと言いました。「お前、その腹でベスト4行けると思うか?」「夜、酒かっくらっていて、お前ベスト4行ける?」「しょっちゅう痛い痛いと言ってグラウンドに寝転んでいて、お前ベスト4行けると思うか?」、もうこれだけでいいんです。club

club 本気でチャレンジすることは、生半可なことではありません。犠牲が必要です。「はい、ベスト4行きます」と言うだけで行けるわけがない。やることをやらないといけない。それは大変なことです。でも、「本気でチャレンジしてみないか」という問いかけを始めて、最初は3~4人だったのが、どんどん増えてきた。これは見ていれば分かります。本気で目指すということは半端じゃないことです。それを今、やり始めてくれているんです。 club

今回のWサッカーの観戦から、指導者としてリーダーとして必要なことを学ばせてもらいました。shineshineshine

2010年6月29日 (火)

DCプランナーの講師研修

本日はDC(確定拠出年金)プランナーの講師継続研修でした。ある証券会社の依頼です。

リーマンショック以後、講師の依頼が減っていたのですが、少し持ち直してきたこともあり、錆びさせないために講習の依頼がありました。

いつもは、「生命保険のセカンドオピニオン」の相談を受けてるのに、DC(確定拠出年金)プランナーって何?と思われるかしら・・・FPとしてのもう一つのポケットといったらいいのでしょうか・・・

税制適格退職年金制度と言う制度がありましてね、それをを導入している会社は、平成24年3月末日までに税制上の優遇措置のある他の制度に移行するなどの対応をしなければならないことに平成14年に決まっていたのですね。

では、税制適格退職年金制度とは何?ということになりますが、新企業年金保険ともいわれている保険商品のことで、退職年金または退職一時金の支給を目的とした積立保険のうち、要件を全て満たす保険契約について、国税庁の承認を受けたものを税制適格退職年金制度というのですね。
生命保険会社などが承認を受けた商品を提供していたのです。
税制適格退職年金制度を導入すれば、企業が拠出する掛金の全額が損金算入できるという税制優遇措置を受けられるため、昭和37年の税制改正後、中小企業を中心に普及してきていました。  

ただ、その後バブルの崩壊を受け、適格退職年金の積立不足が問題にってきました。運用がうまくいかなくなり当初の予定通りの利回りが期待できなくなったからです。

平成14年4月以降、新企業年金としての確定給付企業年金法が施行されたことに伴い、適格退職年金の新規契約はできなくなったのです。
 
そして、それ以前に締結された適格退職年金は、平成24年3月末日をもって税制上は非適格扱いとなり、掛金の損金算入等の税制上の優遇措置は受けられなくなることが決まっていたんですね。

適格退職年金の貯まっている資産を非課税のままで平成24年3月末までは、企業年金に移行できることとされていますが、適格退職年金の移行先としては、主に確定給付企業年金確定拠出年金があるんですね。

その「確定拠出年金」401K年金ともいわれるのですが、その制度に移行した企業の社員さんたちに投資教育をすることが、努力義務とされているのです。 つまり企業から決まったお金(非課税扱い)を拠出してもらってそのお金は自分で運用して将来の退職金を作っていくのですよってことになっているのです。

貯蓄から投資へ・・・なんてコマーシャルでも盛んに言われていましたが、生命保険に加入している方は90%を超えているのに「投資」をしている方は、まだそれほどでもない。個人投資家の人口が増えてきたところにサブプライムローンやリーマンショックなどがあり、自分とは関係の無い海外のことで株価や投資信託の基準価額が暴落downwardright 資産を減らした方々が多くいらっしゃいました。そんなご相談もたくさん受けていましたが。 

そうは言っても「確定拠出年金制度」は、退職時の60歳まで運用をしていかなければ途中でお金を受け取ることが原則できない制度なんです。その初歩の初歩の説明を私たちDCプランナーの資格を持ったFPが、社員さんたちに投資教育としてお手伝いさせていただくということになっているのです。

そのような投資教育の講師もさせていただいています。「生命保険のセカンドオピニオン」だけではないんですね。

午前の部と午後の部がありお昼は海鮮丼をご馳走になって丸一日の研修となりました。shineshine   

そうそう確定拠出の掛金は次の通りです

平成21年度税制改正大綱において、以下の2点が認められました。

(1)企業型確定拠出年金における個人拠出(いわゆるマッチング拠出)の掛金は、その全額を所得控除の対象とする。

(2) 確定拠出年金の拠出限度額について、次のとおり引き上げる。(平成22年1月より施行)

(1)企業型 (現行) (改正案)
イ 他の企業年金がない場合   月額4.6万円     月額 5.1万円
ロ 他の企業年金がある場合   月額2.3万円     月額 2.55万円
(2)個人型
・ 企業年金がない場合 月額1.8万円     月額 2.3万円
                                       

2010年6月28日 (月)

社長が「ツライ」とひとこと・・・

本日は、顧問企業の決算後に必要な資料をお持ちして担当者とじっくり1時間以上お話をさせていただきました。

その後社長のお話をお聴きして最初の一言が「ツライ・・・」

社長は孤独です。そんな胸のうちをお聴かせくださいましてありがとうございます。1時間くらいお話をお聴きし失礼してきました。良い時機が来ますことを、祈る・・・そのような想いで帰ってきました。フレーフレーmotorsports

2010年6月27日 (日)

生命保険のセカンドオピニオンⅢ

本日もご夫婦で「生命保険のセカンドオピニオン」にいらっしゃいました。奥様が一人で何回かご相談にみえていましたが、ご主人様をご一緒に。駐車場もありますから準備しておいたのですが、一時間半くらいかけて電車で起こしになりました。

ご主人様は、なんでこんなに遠くまで「生命保険のセカンドオピニオン」の相談に行かなくては行けないのかannoyという様子でドアの向こうに立っていらっしゃいました。(笑)

でも、お帰りになるときはとっても穏やかな本来の素敵な笑顔に戻られて「ありがとうございます。よろしくお願いします」と言ってお帰りになりました。

ある国内生命保険の医療保険の更新を昨年されたとき、医療保険だけ更新か見直しをされたらよかったものを、更新までまだ5年もある死亡保障まで「転換」という形で新しく加入し直してしまった。保障も下がり予定利率が下がっているから保険料も実際は高くなっていた。まだ学生さんのお子さんがいらっしゃるのにライフプランを考えていない。考えていたら転換をする必要がなかったのに・・・と奥様が気づかれてのセカンドオピニオンです。

まだまだこのように契約者の不利益になることをされる「転換制度」がまかり通っていることに、悔しさを感じます。生命保険の加入・転換・見直しをされる前に、「セカンドオピニオン」を受けてくださいねflair

2010年6月21日 (月)

保険をくるりと変える

アクサ生命保険が「保険をくるりと変える」とキャッチコピーで発売された「収入保障のがん保険」

渡辺 謙の娘である 杏がコマーシャルしていますね。

アクサ生命の代理店部門の担当の方がわざわざ説明に事務所まで来てくださいました。まだ若いKさん。

ガンにかかったときに役に立つ収入保障です。

今までは、死亡したときの遺族年金の不足分を補う収入保障的な保険商品は各社たくさん出されていましたが、がんという病気に特化したところが、なかなかいいと思います。よ~く分析していくと、この保険がお役に立つ方々がみえてきますね。

営業方たちが無理やり押し込んで販売している・・・というちょっと裏話も出たりして。無理やり押し込まなくても本当に必要な方は、たくさんいらっしゃると思います。押し込まれたお客様はいい迷惑かもしれません。

どんなにいい商品でもあわない方には必要ないのです。きちんとライフプランを見据えて考えていくととっても素敵な商品なのに・・・と感じました。無理やり押し込む・・・から保険の営業の方々が煙たがられたりするのでしょうね。

2010年6月20日 (日)

生命保険のセカンドオピニオンⅡ

今日も「生命保険のセカンドオピニオン」のお客様です。

7月末に初めてのお子さんの出産予定のご相談者。ご夫婦でお見えになりました。ちょっと高齢出産ですがとても楽しみにされているご様子。新しい生命の誕生を見守るのはうれしいことですね。

ご主人の会社にいらっしゃる国内生命保険の営業の方から「子ども保険」の設計書を渡されたとのこと。これがランキング1位と書いてあったんですが・・・

sign02sign02sign02「学資保険・子供保険・・・」いろいろなネーミングはついていますがいつから国内生命保険会社のそれがランキング1位になったのかsign02と設計書を拝見しても返戻率は積立に対して101%くらい。

学資保険も含めてご夫婦にとっても新しい生命にとっても「リスクマネジメント」ができるように、ライフプランを考えながらお話を進めていきました。

ここで学資保険についてひとこと・・・

①教育資金の需要が最も高まる時期(高校、大学進学時)に満期を迎えるもので17歳満期とか18歳満期があります。
②父・母(生計維持者)に万が一のことがあった場合、保険料免除などになり必要な額がきちんと貯まるもの。   
③お子様自身の保障(医療保障などの特約)が必要かどうかよく検討すること(乳幼児医療などの公的補助もあります)
④お子様が一人の場合と複数の場合ではプランがずいぶん変わってきます。
  家族計画も踏まえて学資保険 をプランニングしましょう。                                                                                     
⑤教育資金の積立てはできるだけ長期間で、つまり早く始めることがポイントです。

保険会社の商品で教育費の積立をされる場合は、積み立てた額と満期になって戻ってくる額をきちんとはあくしましょうね。

2010年6月 6日 (日)

生命保険のセカンドオピニオンのご相談

「生命保険のセカンドオピニオン」のご相談に2月ごろにいらっしゃっていたご夫婦からの依頼で、日曜日でしたがお仕事でした。

昨年ご相談者が、地方から引越しをしていらしたトタンに、ご親戚の方の保険会社の営業の方が、「保険の話を聞いてください」ということで何度も訪問されていたとのこと。

奥様いわく、「現在加入している国内生命保険会社の保障内容では、将来大変なことになってしまう気がして何とかしなければ・・・と思っていたが、親戚だからとこのまま加入してよいのかとっても不安だった。」「誰に相談してよいかわからない・・・」と思っていたときに私との出逢いだったとのこと。

そのような理由で2月頃、「保険のセカンドオピニオン」のご相談に私の事務所に何回かいらっしゃっていました。まだ慣れない電車を何回か乗り継いでお越しくださっていました。

いろいろなお話をお聴きしてライフプランからのご家族のリスクヘッジ。セカンドオピニオンのプランをお渡ししてから何ヶ月か過ぎていたのですが、来月の7月にお誕生日を迎えるので保険料が上がらないうちにキチンと考えたいから、日曜日で申し訳ありませんが・・・とのご依頼。

1社専属の保険会社の営業の方のプランを拝見しどこが良いのか、違うのか?どのようにしたらよいのかsign02・・・というご質問。

営業の方もなかなかキチンとプランをされていたのですが・・・設計書を拝見するとその営業さんの考えが見えてくることがあります。ご相談者のためのプランなのか?営業さんご自身のための(成績のための)プランなのか?手に取るようによく見えてきますね。これは一般の方にはわからないことですが。

shineshine「生命保険のセカンドオピニオン」は、とっても必要だと感じるご相談でした。shineshine

2010年6月 3日 (木)

生命保険のご相談に

本日は生後2ヶ月の可愛い赤ちゃんを連れてご相談者がいらっしゃいました。

日本FP協会の「CFP検索」から探していらして下さったとのこと。お子さんが誕生して家族としてのライフプランを考えられて「リスクマネジメント」として生命保険の加入を相談したいとのこと。

保険のイロハからお話が始まります。これからのライフプランとリスクヘッジ。

初めてと言うこともありちょっと緊張気味のご相談者。赤ちゃんが泣くとミルクをあげたりオムツを替えたりしながらのご相談時間でしたが、3人の子どもたちを育てていた頃を思い出しながら、見守っていました。wink赤ちゃんは本当に可愛いな~ちょっと手のかかる天使だなぁと思いましたよ。note

この可愛い天子の誕生したご家族の、「人生のリスクヘッジ」のご相談に全力を尽くしたいと身の引き締まる思いを感じました。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »