« DCプランナーの講師研修 | トップページ | 今日から今年後半がスタート »

2010年6月30日 (水)

岡田ジャパンから学ぶこと

ワールドカップの岡田ジャパンのゴールキーパーの川島永嗣のおかげで私と同じ川島と言う名が一躍有名になったのではないかしら。

サッカーが好きな人もルールを良く知らない人も、特に日本の試合があるときは、日本中が寝不足気味でサッカー観戦に燃えた日々でしたね。

「真剣なスポーツとは、銃撃戦のない戦争である」というジョージ・オーウェルの使い古された言葉がJBに書かれていましたが、まさにオーウェルの言葉よりずっと健全で、人を元気づけ、勇気と希望諦めない気持を感じられましたね~。

W杯の雰囲気は敵意ではなく歓喜!まるでお祭り騒ぎ。対戦するチームそれぞれのファンは、派手な衣装をまとって顔にペインティングをして会場に集まり、楽しく陽気に応援をしているのがテレビ観戦からも感じられましたね。

そして日本では忘れられているような「愛国心」を感じられたような気もしますね。政治の世界でも相撲においても恥をさらしているような昨今のニュースの中、日本のサッカーは各国に称賛と敬意を勝ち取るチャンスになったのではないでしょうか。

岡田武史が昨年末、早稲田大学での講演で語った「日本代表の監督の仕事とは・・・の中で

club 明確な目標はもちろん「W杯本大会でベスト4入ることに本気でチャレンジしねえか」ということ。みなさんはいろんな成功の書とか読んで「目標設定って大事だ」と思っているでしょうが、今みなさんが思っている10倍、目標は大事です。目標はすべてを変えます。club

club W杯で世界を驚かすために、パススピードを上げたり、フィジカルを強くしたりと、1つずつ変えていくと、かなりの時間がかかります。club

club ところが、一番上の目標をポンと変えると、オセロのように全部が変わります。「お前、そのパスフィードでベスト4行けるの?」「お前、そんなことでベスト4行けるのか?」と何人かの選手にはっきりと言いました。「お前、その腹でベスト4行けると思うか?」「夜、酒かっくらっていて、お前ベスト4行ける?」「しょっちゅう痛い痛いと言ってグラウンドに寝転んでいて、お前ベスト4行けると思うか?」、もうこれだけでいいんです。club

club 本気でチャレンジすることは、生半可なことではありません。犠牲が必要です。「はい、ベスト4行きます」と言うだけで行けるわけがない。やることをやらないといけない。それは大変なことです。でも、「本気でチャレンジしてみないか」という問いかけを始めて、最初は3~4人だったのが、どんどん増えてきた。これは見ていれば分かります。本気で目指すということは半端じゃないことです。それを今、やり始めてくれているんです。 club

今回のWサッカーの観戦から、指導者としてリーダーとして必要なことを学ばせてもらいました。shineshineshine

« DCプランナーの講師研修 | トップページ | 今日から今年後半がスタート »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/35596429

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田ジャパンから学ぶこと:

« DCプランナーの講師研修 | トップページ | 今日から今年後半がスタート »