« ストレステスト | トップページ | 父子家庭にも支援の手が・・・ »

2010年7月25日 (日)

日本初! ガン保障付定期預金の取扱開始について

外資系の保険会社、カーディフ損害保険会社から、銀行預金とセットで販売するがん保険が発売されました。

預金する金額の半額分のがん保障がつく仕組みで、まず北都銀行から売り出しが始まりました。

保険料は、無料ですがその代わり定期預金の金利はゼロ。定期預金に500万円を預け入れると、生まれて初めてがんに罹患し91日以上入院すると、半額の250万円の保険金が受け取れるようです。

住宅ローンの中で、三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)保障付住宅ローンというのがありますが、「がん保障つき団体信用保険」を日本で初めて紹介したのが、仏大手の金融グループのBNPパリバ保険部門傘下のカーディフ生命保険でした。

がんに限らず、どんな病気やけがでも年齢がアップすれば、リスクが高まるため保険料はアップしていくのが普通です。

免責期間は加入日から起算して3ヶ月です。
この期間中にガンに罹患されても保険金支払いの対象とはなりません。
※ 待機期間満了日の翌日から保障開始。最高額は2000万円の定期預金に対して1000万円のがん保険の保障が付きます。
                                                                    保険金を受け取れる要件としては、ガンの治療を直接の目的とする1回の入院が所定の免責期間の日数(90日)を超えることを要します。                                  http://www.hokutobank.co.jp/news/20100716.htm詳しくはこちらでご覧下さい。

確かに魅力のある商品ですが、入院日数が短縮化されてきていますから果たしてがん診断を受けても91日以上の入院をされる方がどれくらい該当するのでしょうね。難しいような気がします。hospital

« ストレステスト | トップページ | 父子家庭にも支援の手が・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/35882715

この記事へのトラックバック一覧です: 日本初! ガン保障付定期預金の取扱開始について:

« ストレステスト | トップページ | 父子家庭にも支援の手が・・・ »