« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月27日 (月)

千葉講座打合せ

ファイナンシャル・プランナー生活応援団の打合せをしました。

団長のK氏の母校である京都大学の東京オフィスが品川にあり、高層ラウンジでの打合せ。

千葉県から受託した、「生命保険」と「資産運用」の消費者向けの講座を今年度も開催します。

保険の相談や資産運用の相談に行って、売り手の言われるがままに金融商品を買ってしまって、そのときはとっても良いように感じたけど、よく考えてみると、自分の価値観やライフプランに合っていなかったsign03annoy  売り手の説明を受けているうちに商品はとてもよく思えてきて購入してしまったshockというケースの相談がよくあります。

売り手と買い手の利益が相反するときもシバシバsign03 消費者目線でブレない考え方、知識を持っていただけるように、しっかりとした講座を作りたいねsign03と想いは一緒の3人。

予定の時間を過ぎてもイロイロなアイデアや刺激があり、一緒にランチの予定が時間がなくなり解散。よい勉強にもなりました。

講座は、来年1月22日(土)、1月29日(土)、2月4日(土)の13時30分から16時45分までの3日間コースです。

千葉市民会館の会議室で開催します。

2010年9月15日 (水)

保険相談セカンドオピニオン

本日は、保険についてのご相談がありました。

急性の腎臓関係の病気で入院されて1週間後退院。いざ加入している保険の給付金の申請をしようとしたら、「エッ!!こんな保険だったのsign03annoy」と初めて内容がわかりびっくりされたそうです。専門家に相談したいということでご紹介を受けました。

知り合いの国内生保の営業の方から加入されたそうで、安心していたのに・・・

加入から7年余り、1万円くらいの保険料で・・・と払ってきて途中3回も転換されていて、保険金も独身女性なのに掛け捨ての3000万円以上の保障が付いているもの。

23才からずっと掛けてきているのにすべて掛け捨て。貯蓄部分に90円ですってsign03annoyと憤慨され、内容がもっとわかるにつれあきれるしかないといったご様子。

皆さん、ご自身や家族が入院したりいざといったときに加入していた保険の内容を見て、やっと理解されるようです。

でも入院したからと言って、全く保険に加入できなるわけではないので、きちんと告知をして対処していく方法もあります。

保険に加入していればよいと、お守りのように思っていてはいけませんね。どのような保障で加入者のライフプランにいかに即しているかが大切。

保険のセカンドオピニオンはとても大切ですね。今日もお役に立てて嬉しい一日でした。

2010年9月 8日 (水)

LEC専任講師研修

久々の雨。今日は中野のLEC(資格試験の学校)で専任講師の研修日でした。

講義の仕方編として

良い講義とは?始まり板書の仕方、講師としての心得、など・・・優れた講師を目指すための研修でした。

国からの委託訓練の講座が増えている中、受講生の方々へのLECの想いが十分に伝わってくる内容の講師研修でした。

LECの理念はすばらしい!!と感じた一日でした。

2010年9月 1日 (水)

ご相談者の声より

shineshine個別相談されたご相談者よりいただきました感想の一部をご紹介しますshineshine

この度は親身に相談に乗っていただき、我が家に合ったプランニングをして下さったこと心より感謝申し上げます。

結婚・妊娠をきっかけに保険を見直さなければと思いつつもなかなか進まず出産を終えて落着いた頃、保険ショップなど直接数社へ問い合わせをしていました。プランを出してもらっても、我が家にとってどのような保障が必要なのか、本当に自分たちに合うプランなのか、どう選べばよいのだろうかと考えていた所、友人に川島先生を紹介してもらいました。

ファイナンシャル・プランナーさんというとちょっと硬いイメージがあったのですが、大変話しやすく、私たち家族の状況や経済的なこと将来のライフプランなど、丁寧にアドバイスをしてくださいました。

保険は大切だと思い自分でもしっかり理解しようと、何十種類もの保険を扱う代理店にパンフレットや見積もりを出してもらっPhotoたものの、どれも納得いくものではありませんでした。

川島先生のお話をお聞きしてみて、やはりその道の専門家、  プロのファイナンシャル・プランナーに相談するのが一番だと思いました。

自分の入りたい保険に加入できるのも、保険を選べるのも健康だからだと思いました。無事に申し込みが終わり一安心しています。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたしますloveletter

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »