« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

「英国王のスピーチ」を観てきました

「英国王のスピーチ」を観てきました。Photo ソーシャルネットワークとどちらにしようか…と悩んだのですが。

英国民に愛された、英国史上最も内気なジョージ6世の実話を映画化されたもの。スピーチの苦手な国王が、感動的なスピーチができるようになるまでの感動的なお話です。

元英国女王エリザベス2生の父にあたるのがジョージ6世。(コリン・ファース)

スピーチ矯正専門家ライオネルと主人公ジョージ6世の人と人との信頼関係、2人の真の友情が、吃音症でコンプレックスだらけのシャイな国王を変えたのです。

王室に生まれるプレッシャーなどは、私たちには実感のしようもないことですが、いつも国民の目にさらされ、規範となるべき人間であれと命じられる苦労が想像できますね。

左ききやX脚を無理やり矯正され、兄の乳母から虐待されていた幼年期が吃音症の原因。

「話す=コミュニケーション」のコアとなるものは、やはり心の部分における繋がりでしょう。

権威あるドクターにいくら治療を期待しても、うわべのテクニックだけでは解決しなかった、

ライオネルと王の「心を通わせる」ということが、王の心を解放して信頼を築いていく様子が絶妙にうまく表現されていました。

最後のスピーチの場面は、ナチスドイツと開戦の時代背景と合わせて、、不器用に、でも力強く、愛と威厳を持って国民に語りかけるジョージ6世の真摯な言葉は、ベートーベンの交響曲の荘厳なメロディーにのって、感動の頂点へと導いていきハラハラどきどきの圧巻でした。

幼少期のトラウマとも言えることが、上流社会の育ちであっても異常なまでのコンプレックスになり得ること。それを解決していくために、今で言えばコーチングとカウンセリングを駆使。そして何よりも相手(国王)を家族のような愛情を持って受け止めていくことにより、吃音症を克服することができたのではないかと思いました。

映画っていいものですね。heart04

2011年2月26日 (土)

絵手紙始めました

絵手紙の手習い始めました。いつまで続くか心配ですが・・・(笑Suitopi

年初に筆文字を書きたいと思い・・・「絵手紙講座」を検索。阿佐ヶ谷に土曜日に月1回の教室を見つけ、1ヶ月以上前から予約を入れ今日からスタート。

年初の「墨と筆を使って書きたい!」という気持ちがきっかけでした。

習ってみると筆使いの難しさはありますが、 Komatuna

花や野菜を画材にするので「季節感」を感じられたこと。

絵の傍に添える言葉を磨き上げることが必要。言葉の大切さを実感。

いつも色々なことにアンテナを立てておくことが、上達のポイントであると感じ意外と奥が深いものであると思いました。3時間があっという間。

Nekoyanagi 仕事も何もかもから解放され、集中できる時間を享受しました。

   う~ん!快感!     

   来月が楽しみ。

今日は朝から、昨年生まれたYuito君の顔を見に行ってきました。私を姉さんと 慕ってくれるNaokoちゃんとSusumuくんから何ヶ月も前から誘ってもらっていたのですが、ようやくお互いの予定が合って実現。

7ヶ月になって大きく成長していました。ニコニコご機嫌ですぐになついてくれてとっても可愛かったです。外孫がまた一人増えました。

パパそっくりのYuito君。一昨年の二人の結婚式にも列席。30歳半ばまで独身の二人があっというまにパパとママになっていました。

管理職試験にも合格し会社の幹部になっていくSusumu君。試験はかなり大変だったようですが、守る家族ができたので頑張れたと語る彼。幸せ一杯頂きました。

板橋から阿佐ヶ谷へ直行して3時間の絵手紙講座を受講。

事務所に戻り、夜は、昨年結婚したKeikoちゃんが彼と一緒に保険の相談に。

彼は、保険にサクサクと加入して帰るつもりだったようです。20歳代に加入していた時の感覚で保険料がいくらくらいだったらそれでいい・・・と保険の営業をイメージしていたようでした。

しかし・・・

私は、違います。

「ライフプラン」をしっかり作り上げてから保険設計をするのが当たり前。ライフプラン無くして「保険プラン」はありえません!!

住宅を買いたいと思っていることや子供の教育費のこと老後のこと・・・などなど日頃の忙しさであまり考えていなかったことを2人にいろいろ話してもらいました。

保険についても基礎からじっくりミニセミナー。「なるほど!僕の考え方が違っていました。よ~くわかりました。誤解をしていてすみません」と彼。

気がつくとあわや終電が・・・また来月の予約を入れて、「とっても充実した相談でした」と間に合った電車の中からメールが届きました。

私へのご相談は、最低3回はお会いしてライフプランについてお話します。1回あたり2~3時間くらい。心の中にある大切な夢に気づいていただいて作り上げていきます。

朝から夜中までとてもパワフルな楽しい一日でした。

2011年2月 5日 (土)

講座3回目終了(千葉県受託事業2年目)

千葉県からの受託事業、「消費者のためのFP講座」「賢い消費者になる!お金を守る6つの虎の巻」と称して開催してきた講座が今回3回目で終了でした。

本日は千葉市民会Kouza館の4階の会議室。3回とも同じお部屋を押さえることができず、会場の中でお部屋が変更になってしまいました。でも毎回30名近くの方々の参加でした。

「資産運用」は鍵山先生。「生命保険」は私が担当。1、2回目の資産運用の担当講師の池田先生はサポート役をしてくださいました。

「生命保険」は3回コースを受講することにより自分の生命保険を自分で見直せるようになることがゴールです。そのお手伝い役が私たちFP(ファイナンシャル・プランナー)の仕事。

「資産運用」も証券会社や銀行の営業スタッフに勧められるがままに買ってしまう「投資信託」についての基本の知識と理解をしていただくための講座です。Rimg0014

年代も40代から70歳代まで男女も入り混じり、それぞれの心に響くところは、受講される方お一人お一人で違うところ。全ての方々に満点の評価をいただくのは難しいのでしょうが、8割以上の方からはかなり良い評価をいただきました。

・有意義な会を催して頂き誠にありがとうございました。心からお礼を申し上げます。        

・大変参考になりました。自分のライフプランに役立てていこうと思いました。

・今後も是非この講座を続けていただきたいです。先生方、有難うございました。                                                

・やはりベストな「保険」の選び方が第一と考えます。

・又、次回もつづけていただきたい。

・投資信託の説明が初めて聞けてありがたかったです。くわしい説明に感謝いたします。

・為替のリスク等の説明がわかりやすかった。

・介護のセミナーの内容はよかった。

・講座終了後の個別相談もとても喜んでいただき、ちょっとしたことですがFPを必要とされている方々がたくさんいらっしゃることを実感しました。

今回は、千葉県からの助成金をいただいて開催した講座です。参加者の方々は無料。私たちの講師料、会場費はきちんと清算して千葉県へ報告レポートとして届けます。企画から報告まで鍵山先生が取り仕切ってくださるので開催できることです。感謝いたします。

2011年2月 1日 (火)

これまで一部の富裕層しか関係しなかった相続税が・・・

今年も早12分の一が過ぎました。clover

さて、平成23年度の税制改正大綱が発表され、国会で審議され(ねじれ国会ということもありすんなりいくかどうか不透明ですが)、4月1日から施行されます。

半世紀ぶりとなる相続税の大幅な増税。これまで一部の富裕層しか関係しなかった相続税の大幅増税は、「今まで相続税を納めるなんて夢にも思っていなかった層」を課税対象者に拡大するとの予測されそうです。

相続税がかかるのは、現在はなくなった方100人のうち4人ですが、これが6人にまで増えるといわれています。つまり相続税がかかる人が1.5倍になるわけです。

都市部に持ち家があり、預貯金が多少あると相続税がかかってくる可能性が高くなります。

大きな改正点をあげてみますと・・・

1 基礎控除
  5000万円 ⇒ 3000万円

2 法定相続人の一人当たり控除額
  1000万円 ⇒ 600万円

3 最高税率
  50% ⇒ 55%

4 死亡保険金の非課税枠
  500万円×法定相続人 ⇒ 500万円×法定相続人のうちの
               生計を一にするもの、未成年者、障害者のみ

今まで、財産といえば持ち家程度で相続税なんか関係ない、とタカをくくって
いた人たちも、持ち家の評価額によってはすぐに相続税納税対象者になってし
まうことが考えられます。

週刊ダイヤモンド1月22日号の「相続は大変だ」特集に、スタディケースがあり
ましたので、引用してみます。

遺産1億1千万円(保険金3000万円、その他財産8000万円)
法定相続人4人(配偶者、子3人)の相続税は、従来だと非課税であったものが、
改正後は525万円の相続税総額になるとの試算です。子どもの数が少なくなるともっと多額になりますね。

今まで納税する対象になっていない一般の庶民であっても、例えば都心に戸建て住宅を保有しているといった方々が、税負担を余儀なくされる可能性があります。

まずは、わが家の場合には相続税がかかるのかどうか、かかるとしたらイクラくらいの税金になるか」を把握しておくことが大切ですね。

他には、贈与税の取扱いが、緩やかにります。
相続時精算課税制度を活用する場合、従来65歳以上の親から20歳以上の子へし
か認められなかったものが、60歳以上の親から20歳以上の子および孫にも贈与
できるようになりました。

今回の相続税の増税は、基礎控除(5000万円→3000万円)の削減、生命保険の非課税枠(500万円/1人)の削減などにより、今まででしたら相続税を払わなくてもよかった人たちが納税対象者になる点が大きな改正点です。

相続対策が一般的に必要になってきますので私たちFPがますます必要になってくるのではないでしょうか。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »