« 被災された宮城からのメール | トップページ | 未曾有の地震被害・・・ »

2011年3月14日 (月)

宮城からのメール2

やっと連絡が取れるようになりました。なんとか無事です。自宅は無事ですが、足の踏み場はなく、初めて帰ったときは玄関から入れませんでした。

テレビ、家具類は部屋の方々に飛んでいます。片付けはまだできていません。

ライフラインはまだ復旧してません。ガソリン、灯油は買えません。 たまに買える場所があっても何時間も並んで1000円分で、多くは緊急車両のみです。

食料品なども何時間も並んで一人5点まで・・・みたいな感じです。

ケガなどはしていません。

宮城で医療の仕事をしているので病院につききっりです。病院は患者さんでごった返しています。医療品が底をつきはじめています。

妻子はまだ東京で無事です。

よかった・・・津波の被害が大きかった名取市に年末に引っ越されて、奥さんと お子さんも春になったら呼び寄せて一緒に住むというようなことをお聞きしていたので無事を知らせるメールをいただき胸をなぜ下ろしています。

« 被災された宮城からのメール | トップページ | 未曾有の地震被害・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城からのメール2:

« 被災された宮城からのメール | トップページ | 未曾有の地震被害・・・ »