« 今日から葉月、8月です | トップページ | セミナー講師特訓 »

2011年8月 7日 (日)

がんに関する報告が・・・

昨年末に『乳がん』が見つかり診断を受けられた方が、先週、手術を受けられました。お嬢さんからメールをいただいたので了解をいただき掲載させていただきます。

7月28日~8月1日まで休みを取って、母に付き添っています。
28日に入院して、29日に手術をしました。
そして、30日退院のはこびとなり、今自宅療養中です。
早期発見だったこと、骨やリンパ節にガンが転移していなかったこと、術前の薬物療法が功を奏したことなどが重なり、手術は成功で、家族一同安堵しております。
あと、センチネルリンパ節正検の結果が、2~3週間後に出るので、それを見て術後の治療方針が決まります。
ガンは摘出し(筋肉の部分はとりましたが、胸の骨までは達していませんでした)、術中の様子ではリンパ節には転移していなかったようです。
正検の結果で、本当に転移がないかはっきりわかるまでがちょっと油断できないところです。
心配しましたリンパ浮腫は今のところないようです。
今後は放射線治療だけなのか、抗ガン剤使用なのか、まだ未定ですが、とりあえず母も元気で、入院も短くてよかったです。 

最近のがん治療は、 入院期間が短期化しています。がん治療による入院は、長期にわたると思われがちですが、年々短期化の傾向にあります。入院期間が長い白血病でも、1回の入院期間は50日程度です。

入院治療が短期化している半面、通院治療の割合が増加、長期化しています。

医療技術の進歩により、抗がん剤治療や放射線治療を通院で行えるようになったためです。

がんの3大治療・・・がんの治療にはさまざまな方法があります。

大きく分けると「手術療法」「放射線療法」「化学療法」の3つがあげられます。

年々新しい治療方法が登場しており、複数の療法を組み合わせて行うケースも増えています。

このようにがんの治療方針の変化に伴い、がんの保障の内容を吟味する必要があります。

がん保険に加入しているから安心・・・ではなく、本当に役立つ保障内容かどうか見直しておきましょう。

 

« 今日から葉月、8月です | トップページ | セミナー講師特訓 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/41039786

この記事へのトラックバック一覧です: がんに関する報告が・・・:

« 今日から葉月、8月です | トップページ | セミナー講師特訓 »