« パリに魅せられてⅦ | トップページ | パリ最後の日 »

2013年3月17日 (日)

パリに魅せられてⅧ

Dsc01406

Dsc01421

朝からマルシェへ

綺麗な色とりどりの野菜が、山済み。とても安いのです。


Dsc01418


グロテスクなお魚もいっぱい。

マレ地区はパリ人気の観光エリア。

 マレ地区に行って初めてパリはDsc01549お洒落な街という実感を感じました。

Dsc01548ヴィクトル・ユーゴーの家:『レ・ミゼラブル』などで知られるフランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーの家。現在は記念館になっていました。

芸術的なお洒落なお店が多くありました。

Dsc01554


一緒に行った彼女が大騒ぎして買ったバック。

120ユーロくらいでした。

革製品がとにかくお洒落で安く感じました。

Dsc01558
オペラ座前にある老舗レストラン「カフェ・ド・ラペ」にて最後の日のディナー。

雨上がりに虹が!

Dsc01565
マレ地区の帽子屋さんで買った帽子を早速かぶってレストランへ。

Dsc01560
見た目は美しいのですが、お味が・・・いまひとつ

フランスパンについてきたバターが美味しかったです。

Dsc01561

デザートは絶品です。

Dsc01562

名残惜しい最後の夜です。オペラ座をバックに・・・

次回はオペラ座で観劇をしたいですね。

« パリに魅せられてⅦ | トップページ | パリ最後の日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/51774148

この記事へのトラックバック一覧です: パリに魅せられてⅧ:

« パリに魅せられてⅦ | トップページ | パリ最後の日 »