« チーム401K研究会1周年 | トップページ | つくば国際会議場でのマネーセミナー »

2013年6月26日 (水)

金融コンシェルジュとして

本日から「金融コンシェルジュとして阿佐ヶ谷の河北総合病院でご相談を受けることになりました。私の事務所の前に、阿佐ヶ谷行きのバスが留まりますので15分くらいで行くことができます。

10時過ぎに病院に到着。FP協会の担当者の方と一緒に相談スペースへ。午前中は10時30分から一人、午後から二人のご予約をお受けします。

FPは他にも2人の方がいらっしゃるので3週間に1度の担当です。患者さんやご家族の方のお金に関するご相談に安心していただけるように力を尽くしたいと思っています。

金融庁は13日、官民ラウンドテーブル「高齢化社会と金融サービス」作業部会において、高齢者やその家族などが医療・お金に関する悩みを相談できる「金融コンシェルジュ」(仮称)を医療施設内に設置することを決定した。

同庁によると、医療・介護サービスの利用者やその家族は、サービス利用に当たりお金に関する悩みを抱えている人が多いという。悩みの種類は、家計の資金繰りをはじめ、保険金・給付金の受取り、資産運用、相続など多岐にわたる。同庁は「こうした悩みの解決に向けて、その初動を手助けしてくれる中立的な専門家が、医療機関などに存在すれば、医療・介護サービス利用者にとって利便性が高いほか、医療機関などにとっても優れた利用者サービスになるものと考えられる」と分析している。

「金融コンシェルジュ」は、このような状況を踏まえて行われる取り組みの一つ。まず、期間限定のパイロット・プロジェクトとして、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が河北総合病院(東京都・杉並区)にファイナンシャルプランナーを派遣し、試験運用を実施する。相談の際は、家計のヤリクリのコツや一般的な金融知識は伝えるが、個別の金融機関や金融商品の勧誘・販売、税務・法務に関する個別業務、不動産の個別取引などに関する助言などは行わない。

« チーム401K研究会1周年 | トップページ | つくば国際会議場でのマネーセミナー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/53102139

この記事へのトラックバック一覧です: 金融コンシェルジュとして:

« チーム401K研究会1周年 | トップページ | つくば国際会議場でのマネーセミナー »