« 資産運用講座 | トップページ | 30周年記念行事の講演 »

2014年9月 1日 (月)

今日から9月

今日、9月1日は防災の日

1923(大正12)年のこの日、関東大震災が起こりました。
       その大惨事を忘れないため、また台風の被害の多い時期であることから、1960(昭和35)年に国土庁(国土交通省)が制定しました。

関東大震災の惨事を教訓として防災意識を高めることを目的に、毎年各地で防災訓練などが実施されてます。

2008年と2009年に、防災の日特集としてテレビ東京に生出演したのを思い出します。

とにかく災害の多い夏でしたね。心よりお見舞い申し上げます。Media080806021

8月に私のクライアントの企業様で、「選択制の確定拠出年金」を導入された企業が2社あります。

確定拠出年金は運用成績で、将来受け取る年金額が変わる制度。

自己責任で殖やして行く制度です。お給料の一部を将来に向けて拠出するので

その部分には、社会保険料や所得税住民税が減額されます。

加入者はこれまで慎重な運用に徹し、残高の約6割を預金など元本保証の預貯金が占めていました。

しかし、積極運用が増えれば株式相場の下支え要因にもなります。

確定拠出年金の投信の運用成績は改善しています。

昨年の利回りはプラス33%と過去最高。

選択制の確定拠出年金は、従業員が掛け金を自分で拠出して、自分で運用したものを

60歳以降に受け取る年金制度です。

正しい運用を知っているのと、知らないのとでは、受け取る額が全く違ってきます。

金額が減ってしまうのが嫌だからと元本確保を選ぶ方が多いのですが、

インフレになると額面は減らなくてもお金の価値は減ってしまいます。

正しい運用をしてまいりましょう。

« 資産運用講座 | トップページ | 30周年記念行事の講演 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26442/57242903

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から9月:

« 資産運用講座 | トップページ | 30周年記念行事の講演 »